2017年12月14日(木); 晴れ

 最低気温(℃) -2.8 04:26、最高気温(℃) 10.9 13:57
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 10.7(西) 11:18
 夜明け前に最低気温-2.8℃、連日の今季最低気温記録更新
 昨日同様の天気流れ、快晴も気温上がらず10.9℃まで
d0051601_00283834.jpg

 午前中当日受診受付けへ、杏林大学病院までチャリ走り。結構風あり寒い

d0051601_00280449.jpg
d0051601_00295164.jpg
 外来棟5Fアイセンター受付へ
 前回受診した症状と今回症状の関連性有無の検査で「再受診」、の受付けをお願いする。受付け、「問診票」記入指示され、記入提出し待機
d0051601_16015725.jpg
 しばらくして受付から質問に人が来る
「**眼科から28日に予約が入ってるようですが」
” はい、そうです。それはそれとして、受診検査お願いしたい ”
「紹介状はお持ちですか」
” ええ、持って来てます。これです ”
「1Fの初診紹介状受付で手続きして来て下さい」
” 初診ではないですが… ”
「そこは問題無いです」
 で1Fへ降り手続きし、5F受付に戻り処理票提出、昼食も摂らず再待機
d0051601_14043404.jpg
 しばし待ち、都度呼ばれ各種検査室を回る
d0051601_13585643.jpg
 若い医師による診断は午後2時過ぎから、診断中も検査が入る
 本日検査診断は「黄斑部に水溜り」「一部血管炎症」まで
(黄斑部に異常は**眼科の検査診断と同じ)
d0051601_23500419.jpg
 診断後もツベルクリン反応注射、採血・採尿、胸部レントゲン、心電図と検査フルコースかってほど。何でそこまで? ぼったくりバー並みで笑える
d0051601_13254119.jpg
 精算(15280円)午後4時半近く、こんな長丁場(高額請求)になろうとは!
d0051601_01002989.jpg
 来週月曜18日には頭部MRI検査、次回受診は19日(癌定期検診日)午後2時予約
 1ヶ月前くらいから視力の異変(低下)は気になってたが、10日ほど前に「左目の初体験不具合」に気付く。日に日に悪化の印象で、眼科受診したら大騒ぎモード(失明に至る疾患)も、治療は未だ始まらない。**眼科任せにしないで自分で動いて正解、治療開始早まる。28日予約はキャンセルし病院を(ようやく)出る
d0051601_15581251.jpg
 帰宅がもう午後5時。昼食抜きで、すぐに夕外食に出掛ける
「扇家食堂、日替り定食 カツ煮620円(税込)」とする
d0051601_00442176.jpg
 病院内あちこち半日動き回り、疲れた。
 5~7月頃の視界悪化とは異質だが、生活不便さは同等。「文字が読み辛い」のは困り物、生活作業進まない。早期に回復させたい
d0051601_01540420.jpg
 また面倒な疾患襲来で3日連続の医療機関通い、やれやれな展開
 ええ加減にせい!

 工事中1Fテナント新店舗、中の様子覗き見。いろいろ進行してる印象
d0051601_01162906.jpg

by nakatsukasadiary | 2017-12-14 23:28 | Comments(0)
<< 2917年12月15日(金);... 2017年12月13日(水);... >>