<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2007年8月31日(金) ;曇り~小雨

 きょうも、小雨ぱらつく、愚図ついた天気。だが、きょうは気温が上がりむし暑い。

「朝青龍」の監視役でもある、親方&医師が治療現場を訪れ、1時間ほど見学。その後、すぐに日本に帰国してきた。
d0051601_13204411.jpg
・硬い表情で帰国した高砂親方=31日午前10時2分、関西空港で; asahi.comから

 何ともスピーディー; 早々とだ。監視役の交替要員は確保していないという。これはもう、放置=引退の筋書きなのだろうか。

 夕方、両国国技館で記者会見し、朝青龍がウランバートルから約400キロ南西にあるハラホリンのキャンプ場「ドリームランド」に滞在していることを明らかに。
 現地ではモンゴル国立健康大学の医師が治療に当たる。本田医師は病状などを引き継いで親方とともに帰国した。
 朝青龍は兄弟ら親族と滞在。世間を騒がせたことについて「日本へ帰った時にそういうこと(謝罪記者会見)もしなきゃいけないですかね」と話すなど、帰国してやや落ち着いた様子だと。
 2日に満たない滞在だったのは、「治療施設も確認して、医師も決まった。わたしにはほかの弟子もいる」と説明。現地状況把握するため、近く朝青龍のマネジャーをモンゴルに派遣すると。
d0051601_18185934.jpg
; jiji.comから

 横綱審議委員会(相撲協会の要請で開催される)が、きょう、臨時委員会を開催し「引退勧告する」という話も。それならそれで、いいのではないか。”横綱(=神様)”続けていくには(品格的に)無理が生じていることが、かなり明確になってきているのだから。
 委員会では、出席委員の3分の2以上の決議で激励、注意、引退の勧告をすることができる。ただし、横綱審議委員会、日本相撲協会側も反省してもらいたい( 喧嘩両成敗)。もともと、横綱で品格問題多発して「横綱審議委員会」が設置されたのだから、横綱に推挙した責任も問った方がいい。それで、和解的引退にするのが一番日本的か。
 日本相撲協会も、白鵬という横綱が生まれ、厄介な横綱はお払い箱にしたいと思っているような印象。まあ、「朝青龍」も一人横綱で3年半も頑張ってくれてたわけだから、もう”ご苦労さん”でもいい(日本に馴染まないわがままは、横綱には許されない)。

 相撲協会は「横綱」というブランド資格を「与奪する」権力持っているが、そのバックボーンは興行収入や、ご贔屓筋(タニマチ)からのご祝儀で成り立っている処(生産的なものは何もない)。

モンゴル人有力者の、このようなコメントがある。
「日本は『王道』を尊重しますが、モンゴルは『覇道』の文化。何の世界でも、強い者のいうことがすべてという世界です。人間性そのものの違いを十分に理解しないまま、『横綱の品格』を求める方が無理でした。このままでは、朝青龍以上の不肖横綱が誕生するかもしれません。神事としての相撲文化を尊重するなら、歌舞伎のような伝統芸能路線を突き進むしかないのです」


NIKKEI NETから引用
d0051601_16115120.jpg
・横審の会合後、記者会見する海老沢委員長=31日午後、東京・両国国技館〔共同〕;
「横審として特に勧告はせず、当面は見守る方針でまとまった。ただ、複数の委員からは引退勧告を求める意見も出た」と。
 海老沢勝二委員長は「横綱がモンゴルで治療に専念するのか、また新しい事態に発展するのか。モンゴルでの生活を見守るしかない」と話した。
 一方で内館牧子委員は「今回の1番の問題は公益法人の看板が職場放棄したということ。複数の委員から引退勧告という話が出たが、横綱の出処進退は本人が決めること」と語った。前委員長の石橋義夫委員は「横綱に推挙したことを、横審はみんなが反省している」と述べた。

”横審はみんなが反省している”この発言で少しは救われた気がする。
 日本相撲協会は、どのような見解を表明するだろうか。もう、「朝青龍」よりはそちらに注目したい。

 まあ、しばらく様子見(先送り)ということで、月末日にようやく騒動収まる方向に。明日9月からは、9日からの秋場所に集中するようにまとめたか。
by nakatsukasadiary | 2007-08-31 20:20 | Comments(0)

2007年8月30日(木) ;曇り~小雨

 案の定、朝から「朝青龍」追っかけ映像&レポートがTVで流されている。モンゴルへの機内での(勝手撮り)映像見てると、「精神を患っている人には酷」な機内環境だなと。マスコミもちょいとやり過ぎなのでは、と思う。もうまるで、パパラッチである; 情けないマスコミ民放。
 この状況、マスコミと日本相撲協会が「モンゴルとの国交問題に発展させてしまわないか]
と、心配する(今年、皇太子さまが訪問されたばかりなのに……)。
 モンゴルの人々は、(長期の)謹慎命令を”人権侵害”と捉えているし、国のヒーローを他国の人が、海外組織権限で、自国での行動制限&監視とは。「無礼ではないか!? 」モンゴル国民は反感を持つだろう; 「日本(相撲協会)、どんだけえ~」ってこと。そうなると、傍若無人なマスコミなんて、国外退去命令出されるだろう。
「朝青龍」は横綱としての自覚ない行動について、理事長には謝罪している(当初の報道)。記者会見して、日本社会に対してまで謝罪する必要はあるのか? その辺りから、こじれてきた印象だ。日本相撲協会が、「謝罪の言葉はもらっている」とコメントすれば済んだことではないか。これまで大目に見てきたウップンからか? 理事会は謝罪会見にこだわった。「朝青龍」はそこが納得(理解)できない。
「精神的混迷」の人を更に追い詰める、興味本位のマスコミ取材と報道は、もはや”暴力”である。
 そもそも、情けないのは、法人組織・権威に胡座かいている、見識も了見も狭い日本相撲協会か。最高位の理事長は、今回騒動に至る説明(反省)コメントを自ら述べてはどうか。日本相撲協会が、公平で尊敬できるものであれば、モンゴルの人達も納得するだろう。

 朝青龍は帰化していない。それは、モンゴル国としてもアイデンティティと考えていると言われている。
by nakatsukasadiary | 2007-08-30 20:43 | Comments(2)

2007年8月29日(水) ;曇り

 気温下がり、かなり涼しくなっている。曇って陽射しもない。きょうは真夏日回避、最高気温27℃。

 安倍新内閣ニュース報道で、
 新農水大臣が「やりたくないんだよなあ…」発言する。あの中川(昭一)氏は、次選挙に当選する為の地元活動を優先し、 武部氏は直近の農業交渉国際会議(WTO)が日本には不調に終わりそう(大変)だとの思惑から、農水大臣辞退したと伝えられる。
 入閣できなかった矢野議員が「説明されてない、(話が違う)何故だ」と総理に(恨み節)電話したらしい。
 こういうニュースがTVで流れるとはどういうことだろう; オフレコにすべきことだろうに。政権担当勢力のリスクマネジメントは相変わらず、ゆるんだままか。それにしても、「自分のことしか頭に(興味)ない政治家達(公僕として国政に関わる気はないのか!? ) 」の行動が目立つ。安倍総理がと言うより、自民党の人材にろくでもない人が多いことが明確になってくる。マスコミの誘導もある?
 政権交代が、いよいよ現実味を帯びてくるか。政界再編に至る可能性もある。むしろ、そちらに行って欲しい。どの政党だろうが、やる気ない、私利に走る政治家は要らない。

「朝青龍」が、午後のモンゴル行き直行便で帰国する。親方、医師が同行し、モンゴルでの治療環境を確認することになっている。同じ便で報道(芸能レポーター? )陣も追っかけるのだろうか。
d0051601_1618195.jpg
・モンゴルへ帰国するため、成田空港に到着した横綱・朝青龍; YOMIURI ONLINEから

 いまだに、相撲協会内でも(不満? )くすぶっているよう(理事会内情暴露のような発言する理事がいる)だが、理事会自体、ここに至るまでの反省はしないのだろうか。

d0051601_16133363.jpg

・涼しい朝に秋の気配、ふくらんだすすきの穂を見る親子連れ(荒川区・尾久の原公園で); YOMIURI ONLINEから
by nakatsukasadiary | 2007-08-29 19:41 | Comments(2)

2007年8月28日(火) ;晴れ~曇り~雷豪雨

 帰り、雷豪雨(超夕立)に激突、傘はまるで役にたたない; ”ずぶぬれ”になる。激突して1分もしない内に、全身ずぶ濡れ; もうヤケクソ、水溜りもお構いなくジャブジャブ突きすすむ。家に着くなり、着衣は全部洗濯機へ; そしてシャワー直行。ええーい、腹立つ、水泳か!
 遠くで稲光、風が出てきて怪しい雰囲気になってきているのは気が付いていた。しかし、定食屋さんに寄って夕食してしまった。やめておけばよかった; 帰宅優先し、コンビニ夕食にしておけば、ギリギリセーフだったろう。いつかも遭ったが、きょうのはその比ではなかった。
 えらい目に遭って、夜に洗濯までするはめになる。やれやれ。

 きょうは、6年ぶりの皆既月食の宇宙天文ショーだったのに、全く! それもオジャン。
d0051601_14101432.jpg

・月が地球の影にすっぽりと隠れる皆既月食が、28日夜、北海道や九州などで6年ぶりに観測された。月食は、太陽と地球と月が一直線上に並び、月が地球の影を通るために起きる。皆既月食は地球の影に完全に隠れるが、地球の大気で屈折した太陽の光が入り込むため、月が赤っぽく見える; YOMIURI ONLINEから
by nakatsukasadiary | 2007-08-28 22:30 | Comments(0)

2007年8月27日(月) ;晴れ~曇り

 安倍内閣改造の日。朝から情報番組で、速報や予想をしている。
 自民党三役は午前中に臨時総務会で決定。「麻生、二階」氏は予想されたメンバーだが、「石原伸晃」氏の政調会長はやや意外か、もっと年配の方を持ってくるかと思ったが。
 閣僚も夕方までには全員決まった。うーん、今一かな。期待は厚労相の「舛添」氏くらいか。あとは、留任or再登場的メンバーが目立つばかり。まあ、挙党態勢の内閣ってことなのだろうか。物足りない。 「舛添」氏は大変だな、期待はしたいが、大変だろうな; 「火中の栗」を拾わされるわけだ。安倍批判派でもあるから、いろんな思惑あるのだろう。小泉内閣での石破防衛長官のケースに似ているか。
 それにしても、「アブナイカクあ行の法則」からも解任がいいと思われる、「アマリ」「イブキ」の両氏が留任とは!? 何で?? というか、私的には非常に残念。特に「イブキ」氏は文部担当大臣としては、温かみが感じられないので、替えて欲しかった。
d0051601_1305555.jpg
; YOMIURI ONLINEから
「人心一新」になってる? 古い顔が多いし、初入閣のお方も「舛添」氏以外は初めてお目にかかるような方ばっかしで、今回も地味だなあ。期待はずれ; 中途半端で新鮮味もない; まあ、”自民党挙党一致内閣”ってだけでギリギリなのか。

 世界陸上”番組期待”の選手不調。
 彼女は、大会開催前から、放映TVchで、さかんに、ドキュケンタリータッチ特番で”喧伝”されていた(「急逝した父への約束、恩返し」とかのキャッチで)。大会CMにも起用されてた。そういう雑音にも負けない強さも必要だが、少しマスコミがいじりすぎ。

d0051601_14263358.jpg

・世界陸上選手権大阪大会で27日、女子走り幅跳びの池田久美子選手(26)(スズキ)は予選突破ラインの6メートル75を大きく下回る6メートル42で予選敗退。観客の手拍子を背に跳躍したが、本来の力を出し切れずにフィールドを去った; YOMIURI ONLINEから
by nakatsukasadiary | 2007-08-27 19:45 | Comments(3)

2007年8月26日(日) ;晴れ

 世界陸上で朝から、いつもの6ch番組がいくつもつぶれる。まあ、特別スポーツイベント期間中は毎度のこと。
 ここ何年かで、スポーツイベント中継放送はタレント使い、必要以上にショーアップしている; 商業主義に走りすぎ。
d0051601_18271879.jpg

 本来の? スポーツ観戦らしくなく白けて、観たくなくなる。スポーツ中継は加工されない、そのままがいい。
by nakatsukasadiary | 2007-08-26 23:42 | Comments(0)

2007年8月25日(土) ;晴れ

 猛暑の中のテニスも、”ほどほどに”やれば、なかなかいい。後のビールも旨いし。
 運動するのは、やはり必要だと思わせられる。けだるかった身体が”シャキッ”とする。
 ちょっと油断して日焼け止めしなかったら、すっかり焼けて、手・足・顔ともに真っ赤になってしまう。まあ、これも夏の思い出ってことでいいか。

 午後前半、テニス後の反省会(ビール付き野外お食事)し、家に戻り一休みし、シャワー浴びて、いい感じになり、夕方フラフラと「鷹鮨」へ。きょうはカウンター内で親子(大将と弟子? )が注文内容めぐって、もめていたりで、落ち着いて飲食できず。「客は早く美味しいものをいただきたいだけだから」と一言クレームしておいた。まあ、酔っぱらいの一言だからいいだろう。
 その後、地元定番ショットバー「Good speed」へ。で、佐賀出身のマスターに「佐賀北高、感動をありがとう」と何度も言っておいた(完全に酔っぱらい)。午前様。

d0051601_14131468.jpg

・東京・浅草で開かれた「第27回浅草サンバカーニバル」、パレードコンテストには約4600人のダンサーが参加し、頭や背中に色鮮やかな羽根飾りを付けたダンサーらがラテンのリズムで軽快なステップを披露すると、約50万人の観衆から「格好いい」などと声援があがった; YOMIURI ONLINEから
by nakatsukasadiary | 2007-08-25 23:59 | Comments(0)

2007年8月24日(金) ;晴れ

 きょうは、少し暑めに戻りか。
 真夏日にはなるが、猛暑日にはならない。

 明日は、午前から正午をはさんで2時間、久し振りのテニスだが、三鷹午前9時の予想気温29℃、正午33℃、 午後3時35℃。こりゃー覚悟して、しっかり熱中症予防対策してやらないといけないな。

d0051601_13582964.jpg

・東北地方・三陸沿岸のスルメイカ漁が最盛期を迎え、宮城県気仙沼市から南三陸町にかけての沖合では、100隻を超すイカ釣り漁船のいさり火が夜の海を照らしている; YOMIURI ONLINEから
by nakatsukasadiary | 2007-08-24 19:58 | Comments(2)

2007年8月23日(木) ;雨→曇り~晴れ

 昨日のお願いが通じたか、昨夜半から暑さが収まり、今早朝には雨で更にクールダウン。
 きょうは24節気の「処暑」、暦どおりの天気でスタート。
 ところが、お昼前には空も晴れ上がり、太陽出てくるとジリジリしてくる。つかの間の「処暑」かと思われたが、最高気温は27℃止まり。昨日より10℃も低い; 冷房冷え過ぎな感じにもなる。
d0051601_18354248.jpg
・暗室でガチャガチャ…と鳴くクツワムシ=橿原市昆虫館(橿原市南山町) ;奈良新聞から

「朝青龍」が昨日、23日ぶりに外出したと。某ホテルで”宿泊治療”受けるのだとか。ある程度回復したら、モンゴルに帰国して、本格的? 治療するのではと見られている,そうな。
 しかし、きょうの治療報告会見では、昏迷状態が引き続いていることで、会話も成立しなかった; 治療効果は期待できないかもと。最善の環境での治療(=モンゴル帰国)早期実現の方向へ動き始めるようだ。
 ここに来るまで、どうしてこんなに時間かかり、こじれたのか。”(謝罪)記者会見しろ、しない”の確執があったのだろうか。最近、公人レベルの人は、何か事あれば、記者会見なりが必然のようなマスコミ風潮。これもマスコミファッショで、私は感心しない(公人レベルも拡大させているし); 彼らの”お仕事”増やすために世論操っているようにも思える。
by nakatsukasadiary | 2007-08-23 21:00 | Comments(0)

2007年8月22日(水) ;晴れ

 きょうも更なる猛暑。
 ホントに今年の”夏”は頑張ってる。もう十分だから、そろそろお仕舞いにしてほしいが……
 
 きょうは、血液検査採血するので、朝から何も口にしないで会社に。健康管理センター9:00オープン少し前に行くが、すでに何人も待合室に居る。きょうも知り合い数名に出くわす。みなさん、どこかしら身体の調子悪いのだ。20分ほど待って、診察室へ。また先生変わってしまっている。初めてお目に掛かる先生; 経緯をざっと話して、診察してもらう。血圧の上が、107; 低いなあ。診察後、採血; 結果は一週間後に所見いただくことにする。
 
 きょうも「節電指示」構内放送。
 午後は、甲子園決勝TV中継もあるし、危ないかも。何せ、気温高いから。
 三鷹市では正午に37℃。お昼の食堂、エアコン入っていても、食事は大汗かきとなる。

 甲子園は劇的な決勝戦となる。
 1安打で無得点;0-4で敗色濃厚だった「佐賀北」が、8回裏に一挙5点(押し出し+満塁ホームラン)で大逆転; そのまま逃げ切った; 甲子園初優勝。
d0051601_16305495.jpg

・8回裏、1死満塁で佐賀北の副島が左越え満塁本塁打を放ち、逆転した
;asahi.com sportsから

「佐賀北」は進学校で、野球留学とか特待生なんか関係ない県立高校。本来の? 高校野球らしく清々しい偉業と言えるようだ。「佐賀県」はここのところ、”がばいばあちゃん”で注目あびているし、「県に勢いがあるのか!? 」
 まっとうなことが報われて、皆が祝福したい、ダークホース校の、”がばい大優勝”だろう。
 今年の「夏の高校野球」は、身近にいろいろと話題もあって、私的には例年になく盛り上がった。
 拍手,拍手 (^^)// 

 夜は神宮球場へプロ野球観戦へ。神宮はドームではないので、月もきれいに見えるし、夜風もいいし; Good. 
d0051601_22353016.jpg
d0051601_22354961.jpg

 ヤクルト応援し、頑張ってタイガースを叩いてもらうつもりだったのに、球場に入ったとき(4回表)、すでに試合は決していた; ヤクルトぼろ負け。ラミネスのホームラン見ただけの感じ。
 今、首位をもうかがうタイガース; 応援団は強力!いっぱいファンが集まっている。チームが調子いいからだろうが、応援も統制とれてて立派。「神宮では風船はご遠慮を」なのだが、まるで、無視して、(六甲下ろし斉唱後)飛ばす。応援に勢いあるからそれもそれで、さまになる。
d0051601_22592425.jpg

by nakatsukasadiary | 2007-08-22 23:59 | Comments(2)