<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2008年10月31日(金) ; 曇り

 きょうは昼まで、休息睡眠。
 夕方、買物にでかけるが、寒いくらいの気温にびっくり。ま、明日から11月だからなあ。
by nakatsukasadiary | 2008-10-31 23:39 | Comments(0)

2008年10月30日(木) ; 曇り~晴れ

 夜、六本木「softwind」で、FUKUMIライブ。
 帰りは深夜だし、冷え込みそう; 自転車で「softwind」まで行くのは控える。で、交通費ケチってみる。通常は三鷹-新宿(JR中央線210円)&新宿-六本木(都営地下大江戸線210円)が最安経路だが、吉祥寺-渋谷(京王井の頭線190円)、渋谷ー六本木は”歩く” これなら190円で済むし、ウォーキングで運動にもなるから、これ決定。時間も迫り、吉祥寺までは自転車で出かける。
 井の頭線、乗り合わせたのが貸切広告車両; JRA「秋の天皇賞」広告ポスターが車内全面に貼ってある。
d0051601_2227480.jpg

 渋谷→六本木を歩いてみると、首都高3号渋谷線下の六本木通り歩道40分ほどで、中心部アマンド六本木交差点に到着。お手ごろなウォーキング散歩距離。
・渋谷2丁目交差点から六本木方向; 左手に”六本木ヒルズ”、その右手奥にライトアップされた”東京タワー”
d0051601_22321794.jpg

・西麻布交差点あたり
d0051601_2233870.jpg

・やはり、六本木ヒルズは目立つ
d0051601_23151273.jpg
d0051601_22335149.jpg
d0051601_22341647.jpg
d0051601_22345872.jpg

・六本木交差点; 向こう右手に”アマンド”
d0051601_22355713.jpg

・六本木交差点近く、”東京ミッドタウン”手前エリア、外苑東通りから横道入りすぐの"六本木パーレットビル"6Fにジャズライブ&バー「softwind」
d0051601_22365969.jpg
d0051601_22384928.jpg

d0051601_234231.jpg
 ライブに、俳優タレント”いしがき ゆうま;石垣佑磨”がお母さんと来店する。FUKUMIさんとゆうまママがお知り合いとか。彼はお母さん似なのか、お母さんはlovely美人系。
 23:30過ぎにライブ終了。帰りは大江戸線でJR東中野まで、そこから最終JR中央線、
d0051601_2385753.jpg

午前様で三鷹に戻り、
d0051601_2393985.jpg

「WATERFOWLS」で上塗り。未明朝帰り。

きょうの移動パターン
d0051601_252097.jpg

by nakatsukasadiary | 2008-10-30 23:59 | Comments(3)

2008年10月29日(水) ; 晴れ~曇り,にわか雨

 北から高地から,初雪の便り。確実に、秋も冬に向かっている気配。だが、ここらの平地では、秋がほどほどの感じ。が、夕方、木枯らしのような北風がしばし吹き荒れる。上空では、寒気入り込み気流乱れているのだろう、夕焼け空の雲もこま切れに、ちぎられている。
d0051601_032345.jpg

 お出かけ終盤、ポツポツにわか雨に見舞われ、慌てる。

 3ch某教育テレビはなかなか良い番組を提供している。本日のPM10:00台はまず「趣味悠々」で”はじめての西国三十三所巡り 第5回「さまざまな観音像」”、種々の観音様のお話が興味深い。観音は修行の身、悟っているのは如来。
 その次は、「知るを楽しむ 人生の歩き方」”やなせたかし 正義の味方はカッコ悪い!(4)”アンパンマンの”やなせたかし”本人出演、人生&人物紹介番組。89才とは思えないバイタリティや好奇心。遅咲きの方で、アンパンマンで注目浴びたのは60才になってから。社会観、人生観の話も明快&爽快。
 いい番組見ると、とても得した気分になる; 此の頃つまらないクイズ番組タレ流しのchばかりだから。

きょうのパターン; 走行距離19.8km
d0051601_13499.jpg

by nakatsukasadiary | 2008-10-29 23:09 | Comments(0)

2008年10月28日(火) ;  晴れ

 Qちゃん「高橋尚子」が引退を表明。
 まあ、”ご苦労さんでした”になるのだろうが、何ともなあ。もっと活躍してほしかったがなあ。独立して「チームQ」でチャレンジしてたのに、失敗の結果となる。「走るのが楽しい」人が、頑張りすぎたのか、のめりこみすぎたのか? 本人は、頑張らないと不安だったようだ。
 WBC監督に、巨人原監督が就任。何と言うか、いろいろ揉めたが、それなりになってしまっている。昨日のWBC体制検討会議では、星野氏が野村監督に苦言「なにを言っとんの」し、野村監督は「「そんなつもりじゃなかったんだけど…、悪かったよ」だったとか。

 知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 ー中原中也 口惜(くや)しき人ー をたまたま見る。今4回が最終回。いつか見かけた初回から見逃して、たまたま最終回に。きょうは、詩にある故郷山口の長門峡映像が出てくる。東京で青春時代をすごし、NHKの入社試験受けたが、「外を眺めて居られる受付をやりたい」と面接で答え不採用に。結婚し長男文也を授かるが、2歳で逝去の悲しみから心の均衡を崩し、体調も崩し、昭和12年10月22日に30歳で死亡(故郷山口に戻る直前)。短い人生だったのだなあ。2,3回の再放送スケジュール調べたら、もう終わっている。
by nakatsukasadiary | 2008-10-28 23:03 | Comments(0)

2008年10月27日(月) ;  晴れ~曇り

 久し振りの晴天。気持ち良く映画鑑賞(最後の無料鑑賞券)に、府中TOHO CINEMASへ向け出かける。
・掘ったサツマイモが、畑にそのまま干してある。三鷹市に農作物泥棒はいない
d0051601_21352797.jpg

・端正なススキ群生
d0051601_2136475.jpg

・寄り道するうちに、とんでもない場所に迷い込む
d0051601_21363693.jpg

 きょうは「センター オブ ジ アース」を選択。3D映写映との話題聞いてたが、チケット売場で「3D映写版ではない」との断わり説明を受ける。まあ、それはどちらでも良い。
d0051601_21295724.jpg

 ジュール・ウェルヌの「地底旅行」がベース。内容は地底世界の存在で破天荒なんだが、まあ普通の映画であった; ストーリーはシンプルに定番。
 午後、後半には雲が多くなり、夏並みの入道雲っぽい雲も遠くに見える。
d0051601_21311783.jpg

 野川にカモが増えて来ている。渡りのカモかも
d0051601_21343850.jpg

 夕方6時から、W氏と三鷹「一休」で一休デー。途中からI氏参加。その後、「WATERFOWLS」へ
 久し振りの午前様 
d0051601_21322017.jpg


きょう(昼)のパターン; +夜間走行距離Total39.23km
d0051601_2317234.jpg

by nakatsukasadiary | 2008-10-27 23:59 | Comments(0)

2008年10月26日(日) ; 曇り

 きょうも渋く曇天。

 今年競馬クラシックレース最後の「菊花賞」
 先週に続き、荒れる。先週ほどではないが、馬連1-14は17820円の万馬券になる。このレースは”井崎 脩五郎”の大穴本命予想に乗り、単勝1番人気との組み合わせで、100円だけ購入していた。G1連続万馬券ゲット。今週は先週の想定外ゲインで気が大きくなり、少し大胆に勝負し負け続けてたが、「菊花賞」荒れて、Luckyにも取り戻したほどの話。ま、金が有れば、それだけ(無くなるまで)使ってしまうもの; 金無ければ、やれないから損もしない。
 何も(物質的には)生産しなくても、金は動いて(それが経済活動いわゆる第3次産業)、そこには”価値”金融事業が大きく介在する。
 日曜朝の情報番組老舗6ch「サンデーモーニング」の”風をよむ”で、環境金融?な話題を取り挙げている。架空的価値の金融取引システム「温暖化ガス排出権」 は、実体(実際のCO2排出削減)が伴わない架空取引になるのではとの懸念が示される。
 番組内では、例えとして、落語の「花見酒」という噺を紹介する。
「花見酒経済とは,身内で売買を繰り返すことで,見かけ上,売上が伸びたように見えるが,実質は変わらず,場合によっては借金だけが残るような取引が行われている経済.時には,粉飾取引など明らかな違法行為を含む場合もある」 の恐れがあるのではないかと。
 ここのところの世界的金融危機は、”実体経済”にも影響を与え始めている。のも、そんな話ではないか。

落語「花見酒」; Webから
桜の満開の頃、銭が一銭もない二人が、花の盛りの向島へ三升入りの酒樽を担いでいって、茶碗一杯を五銭で売ろうと相談した。近所の面倒見のいい酒屋へ頼んで、酒三升、樽、柄杓、茶碗、天秤、縄、そして、釣り銭として五銭玉一つ、そっくり借りた。
(そして兄貴と辰公の二人は向島に向かう。途中すでにたいそうな賑わい、商売繁盛を期待するが、期待が膨らむと同時に自分たちも酒を飲みたくなる。)
「たまらねえよ、兄貴。ちょいとだけ、飲ましてくれねえかな」
「馬鹿なことを言うな、この酒は商売ものだ」
「そうか、商売ものだから、飲んじゃいけねえてんだ。じゃ、兄貴。俺が買うのなら、売ってくれるだろう」
「お前が買う?」
「俺は五銭玉持っているから、それで買うよ」
「いいだろう。商売だ。だれに売っても同じだ。じゃ、樽を下ろすよ」
「じゃ、俺は客になるぜ。忘れないうちに五銭払うよ」
「確かに頂戴しました。じゃ、柄杓を貸しな、注いでやるから。茶碗をしっかり持ってろよ。灘の生一本。量りをよくしましたよ」
「ああ、すいません。ありがてぇ、ありがてぇ。匂いだけじゃ、つらいからね。とうとう買っちゃったよ。五銭玉持ってて、よかったよ。ああ、うめえ、うめえ」
「辰公よ。そんなに旨そうに飲むなよ。見てるのはつらいぜ。ちょいと残して、俺に飲ませてくれねえかな」
「客のものをたかるってのはいけないよ、兄貴。これは俺が買ったんだから」
(辰公が飲み終わると、また二人は酒樽を担ぎ歩き出す。しかし、兄貴も酒には目が無い)
「辰公俺も飲みたくなったぜ」
「兄貴。駄目だよ。これは商売ものだぜ」
「だから、今度は俺が買うよ。五銭玉を持ってんだから」
「ああ、そうか。兄貴も買うのか。だれに売っても商売だ。じゃ、樽を下ろすよ」
「じゃ、五銭払うよ。先払いだ」
「確かに。へい、ありがとう存じます。灘の生一本。量りはよくいたしましたよ」
(さて、ちょいと歩いては、また辰公が、さらに兄貴がと、二人で交互に五銭を払いながら飲んでいく。こんな調子だからたまったもんじゃない。向島に着いたときには二人ともへべれけになってしまった。そして桜の木の下で酒を売り始めるが、、、、最初の客から品切れである)
「兄貴、兄貴よ。寝てる場合じゃない。起きておくれ」
「どうしたい。飲みにげか」
「そうじゃない。売り切れ、売り切れ、売り切れになっちゃった」
「売り切れ?早いな。アッという間だったな」
「アッという間もなかった。最初の客が来たときには遅かった。もう、売り切れ」
「そうか。お前の腕がいいんだな。じゃ、売り溜(うりだめ・売上)を勘定しよう。出してみろ」
「あいよ。兄貴。おとすといけねえから、手を出してくれ」
「よしきた、この上に乗せてくれ」
「この右の袂(たもと)の中から、ジャラジャラ、ジャラジャラ、ポトリ」
「なんだい、五銭玉一つだな。左の袂には?」
「こっちの左の袂の中から、ジャラジャラ、ジャラジャラ、なし」
「なんだい、なしってのは?」
「こっちの袂には入ってなかった」
「じゃ、売り溜めは五銭玉一つだけか」
「そうだよ。兄貴は計算がうまい」
「おい、お前を疑うわけじゃねえが、酒がなくて、売り溜めが五銭玉一つとは、どういうわけだ」
「最初に俺が五銭玉持ってたから、『買うよ』って言ったら、兄貴は売ってくれたな」
「うん」
「そのあと、兄貴が『買いたい』と言うから、俺は売ったよ」
「うん」
「そのあとも、二人が代わりばんこに買ったり売ったり、買ったり売ったり。そのたんびに五銭玉が行ったり来り、行ったり来り。そのうちに、酒がなくなったと、こういうわけさ」
「なるほど。じゃあ、五銭玉一つで、二人が三升の酒を飲んだのか」
「そういうこと」
「ありがてえ。安い酒を飲んだ」
by nakatsukasadiary | 2008-10-26 23:59 | Comments(0)

2008年10月25日(土) ; 曇り

 すっきり好天の予報に期待したが、どんより曇りでがっかり; 雨は落ちてないが…

 土曜朝の情報番組10ch「サタデースクランブル」、きょうはWBC監督問題を取り上げている。
 星野氏が「監督選出できレース風評」でとどめか、「請われても固辞する」との考えをブログなどで示したことで、監督人選が暗礁に乗り上げている。番組でコメンテイターが、正しいことを言ってる。
「WBC? それは大体が、何なの? プロ野球コミッショナーって、 リーダーシップ取れてるの? 」だと。Exactly, そうそう。
 そもそも、この騒動はどこかおかしい。イチロー松坂他の、選手サイドからまで意見述べているのも、違和感ある。一般国民的には、WBCなんて”それがどうした”レベルのもの(米大リーグ業界の興行でしかない)。歴史も権威も何もありはしない。面白くしてくれれば、見る(前回初大会では、優勝の奇跡的さに興奮)。
 監督だって、選手だって、出たい人がやれば良い。世界最強? サッカーのWカップイメージなんだろうが、野球は世界的にはマイナーなスポーツだし。ドリームマッチの大会なら、エンターテイメントだけで良い。
 まあ、何にしろ、日本のプロ野球界はナベツネ系列が仕切っている限り、浄化活性しない。

 きょうのセ・リーグCS2ndステージ、巨人ラミネスが決めた。6-2で中日に勝利、巨人は6年ぶりの日本シリーズ進出へ。さすがにきょうは、4chで試合生中継していた; 放送時間延長し、最後まで。久し振りにプロ野球TV観戦堪能する。4chにも良い結果となり、巨人ファンはすべて目出度し、めでたし。

先の競馬観戦の日に
         
by nakatsukasadiary | 2008-10-25 23:23 | Comments(2)

2008年10月24日(金) ; 雨~曇り

 朝から本降り雨で終日、深夜になってようやく上がる。

 日本株式市場、安値更新が止まらない。円(独歩)高も止まらない。「(国際通貨として)円は安全だ」と思われているようだ。

 セ・リーグCS2ndステージ,巨人は何とか、延長12回中日と引き分ける。「あと1勝」で日本シリーズ進出となる。残り3試合だからほぼ決まりだろう。
by nakatsukasadiary | 2008-10-24 22:23 | Comments(0)

2008年10月23日(木) ; 晴れ~曇り→雨

 朝のうちの日差しも、段々と雲りの天気となり、午後過ぎて雨模様に。3時前には本降りとなる。東京は2週間くらいか? ぶりの雨( 調べたら10日ぶり)。
 雨のときは家で読書など、晴走(耕)雨読の生活。

 そうそう、先日(10/20)、あの生産緑地ではサツマイモの収穫が行なわれていた。
d0051601_153429.jpg
d0051601_1542283.jpg

by nakatsukasadiary | 2008-10-23 18:53 | Comments(0)

2008年10月22日(水) ; 晴れ~曇り

 きょうは静かに普通の生活。
 お昼に少し外出して戻ると、日本郵便の書置き票が。会社への郵便物(東京国税局から)が、会社の存在示すもの(ポスト受け表示など)が無いので、届けられないと。所在連絡と共に、どこかに所在表示しておいて下さるようにと。
 早速、電話で連絡、郵便物は郵便局まで受け取りに行くことを伝える。
 さてと、社名表示か。現在は自宅が本社所在地だから、併記する形で表示するか。「テプラ」あれば済むが、今購入するほどでも、で、郵便局行ついでに、郵便局-市役所横のコジマでそのようなラベルシール(印刷用)を探して見ることにし、夕方出かけする。
 郵便局では、窓口の人と話がかみ合わず(窓口が適切で無かったか)、受け取りに少し手間取る。国税局からのお届け物は、案の定「年末調整」関連物であった。
 コジマで、ラベルシールを探して見ると、いろいろある。やはり、こういう時代だからプリンターで作成する人も多いのだろう。適当な大きさのシール(はがきサイズに5面×12シート; ELECOM)を380円で購入。
 2階コジマから降りてきて、1階サミットストア入っていろいろ見てると、ついつい飲食料品を何やかや購入してしまう、これでは食いすぎになるか; いかんなあ、空腹時のスーパーでの買物

昨日の夕陽場面
         
 
by nakatsukasadiary | 2008-10-22 22:46 | Comments(0)