<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2011年4月30日(土) ; 曇り~晴れ

 きょうも国会は行なわれている。
 実効は上がっているのか?
 とんちんかんな答弁が出ているようだ。
YOMIURI ONLINE
●質問者あぜん…首相、震災特別立法の数を誤答弁
菅首相は30日の衆院予算委員会で、東日本大震災関連で成立した特別立法の数を問われ、「選挙期日特例法(被災地の統一地方選を延期する特例法)の1本だ」と答弁した。
 実際には被災者の税の減免措置を定めた国税臨時特例法や改正地方税法など5本がすでに成立しており、質問した自民党の小里泰弘氏はあっけにとられた様子で「何という認識か。政府の最高指揮官として当然関心を持っていないといけない」と厳しく批判した。

 夕方「鷹鮨」へ。
d0051601_1055395.jpg
d0051601_1055137.jpg

 その後「WATERFOWLES」

d0051601_15224454.jpg

by nakatsukasadiary | 2011-04-30 23:59 | Comments(0)

2011年4月29日(金) ; 晴れ

 きょうからGW。
 国会は、行なわれてる。     
d0051601_21561213.jpg
d0051601_21563321.jpg
d0051601_21564786.jpg
d0051601_21571443.jpg
d0051601_21573140.jpg
d0051601_21574548.jpg
 みんなの党も決め手が無い。
 国会の外では老害的政治家が若手を煽りいろいろつるんで、騒々しい。が、それだけのこと。
 無駄に騒ぐだけなら、復興政策に集中してくれ。
 役立ちしない国会議員が多すぎる。
by nakatsukasadiary | 2011-04-29 21:57 | Comments(0)

2011年4月28日(木) ; 晴れ

 何と最高気温24℃ほどまでに。夏日寸前(練馬区では夏日を記録)。
 
 原子力行政の無能(無責任)ぶりが明らかになってくる。
 今頃になって、ようやく反省の弁。
 リスク管理に超鈍感なそういう人たちは、即刻「解任」させろ。
YOMIURI ONLINE
●専門家派遣遅れ「本当に失敗だった」班目氏反省
 内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は27日、衆院決算行政監視委員会に参考人として出席し、東京電力福島第一原子力発電所の事故発生後、原子力安全の専門家の現地派遣が遅れたことを認めたうえで、「本当に失敗だったと反省しております」と述べた。
 国の防災基本計画では、原子力災害の発生時には、同委の「緊急事態応急対策調査委員」ら専門家を現地に派遣すると定めている。しかし、この日の同委員会で、班目委員長は、地震発生直後に現地に派遣したのは事務局職員1人だけだったと説明。結果的に、安全委が政府の現地対策本部(福島市)に専門家2人を派遣したのは4月17日で、班目委員長は「大変遅くなってしまった」と対応の遅れを認めた。

 また、こんなニュースを見るとやはり、「ついてる(ラッキー)。紙一重で助かってる」のだと、そら恐ろしくもなる。使用済み核燃料プールの方が、今でも放射能漏出の危険度は高いのではと心配だ。
YOMIURI ONLINE
●4号機、燃料溶融寸前だった…偶然水流入し回避
 東京電力福島第一原子力発電所4号機で3月15日に発生した火災に伴う爆発の際、使用済み核燃料一時貯蔵プールに、爆発の衝撃で隣接する場所から水が偶然流れ込み、プール内にあった核燃料の過熱を食い止めた可能性があることが、東電の調査でわかった。
 過熱が続いていれば核燃料が溶融し、現状を大幅に上回る放射性物質が放出される最悪の事態もあり得たとしている。
by nakatsukasadiary | 2011-04-28 23:22 | Comments(0)

2011年4月27日(水) ; 晴れ~曇り

 気温上昇。強風。
 深夜に雨模様となる。

 夕方からM氏と吉祥寺「武蔵」で。急遽+I氏の展開。
d0051601_18523736.jpg
d0051601_18521498.jpg

by nakatsukasadiary | 2011-04-27 23:59 | Comments(0)

2011年4月26日(火) ; 晴れ

 晴れ、風強し、気温は20℃超え。
 初夏へ向かう色彩が次第に増してる。

 ある電話番号を登録しようと、携帯電話捜すが見当たらない!?
 嫌な予感、冷や汗タラリしてくる…
「ひょっとしてフンシツしてるのか?(昨日は携帯用無しで気付いてない)」
「日曜日競馬場宴会か?」
「いや、競馬場出てからの居酒屋で使った記憶ある。そこに忘れたか」
 なら希望はある。少し落ち着く。
 その府中の居酒屋「新富」の電話番号を調べ、夕方の開店を待って店に確認の電話する。
” 日曜日ですね。携帯電話一つ預かってます。***な感じの ”
「あ、それです(よかったああ)。これから伺いますので…」
” その日店員が忘れ物に気付いて、すぐに外に出たけどもう見当たらなかったようですよ… ”
(そうだ。その時外は、雨降り形跡ありのポツポツまだ落ちてるで、バタバタと急いで帰ったのだった)
 で夕方、府中まで取りに行くことに。
 往復で16km。風が強くて、なかなかしんどいことになる。
 何はともあれ、無くなってなくて良かった。
by nakatsukasadiary | 2011-04-26 22:45 | Comments(0)

2011年4月25日(月) ; 晴れ

 収束方向なのかどうかも、実際は不定な福島原発事故現場。
 東電の工程表なんて、スケジュールは「希望レベル」だ。建屋内は放射能濃度が高すぎて、調査もロボット頼りで、ままならない。人による復旧作業なんて、この先いつになるかの見通しも立ってない。
 きょう福島県で3箇所の「公園」が、放射能汚染規定超えで立ち入り制限とされる。そこは警戒でも避難でもない地域。
 汚染が判明した公共施設地区では、放射能物質の「除染」作業を早期に実施だろう。

 しだれ桜も、若葉桜に。
d0051601_23514133.jpg
 ハナミズキの季節に。
d0051601_02214.jpg

by nakatsukasadiary | 2011-04-25 22:42 | Comments(0)

2011年4月24日(日) ; 晴れ

 きょうはよく晴れ渡る。
 薫風には未だならない、心地良くはない春の嵐系風。

 午前中に選挙投票済ませる。
d0051601_22203794.jpg

 きょうはG1「皐月賞」がある。午後、久しぶりの東京競馬場で競馬観戦宴会へ。
d0051601_22205866.jpg
d0051601_16313824.jpg
d0051601_22223768.jpg
 もう、こいのぼりの季節か。
d0051601_22242317.jpg
d0051601_9465935.jpg
 レースはまあ堅く収まる。
d0051601_8464837.jpg
d0051601_8593973.jpg
d0051601_22231747.jpg
d0051601_22232979.jpg
d0051601_1082093.jpg
d0051601_1083339.jpg


d0051601_2234157.jpg

by nakatsukasadiary | 2011-04-24 23:45 | Comments(0)

2011年4月23日(土) ; 雨~曇り~晴れ~雨

 久しぶり聞くしっかりした雨音、時々強まる。
 陽射し出たりも雨落ちてたりと。おかしな天気の一日。

 さすがにNHKは違う。
 夜9時からのNHKスペシャル 東日本大震災「被災地は訴える~復興への青写真~」
 被災地の市町長3名が中継で参加、「復興構想会議」の議長・副議長・メンバー数名(宮城県知事含む)も出席している。討論内容見ごたえある番組となる。
 やはり福島原発問題は、過去例が無いパターン(複数原子炉長期間危険量放射能漏出危惧継続)だけに難題だ。
by nakatsukasadiary | 2011-04-23 22:45 | Comments(0)

2011年4月22日(金) ; 曇り

 福島原発から20km以内が、避難地域が警戒地域になり、強制力を持つ。住民は憤慨するも、しても仕方ないで諦めモードも。しかし、一日でも早く戻れるようにと願う。
 そんな中きょうは、東電社長が福島の避難住民から厳しい言葉を浴びせられている。
「あなたも一ヶ月ここで暮らしてみろ」「原発は東京へ持ってけ」などとまあ、住民の怒りも無理も無い。
 福島県知事からは「再稼動は有り得ない」と言い渡される。ま、これは県民向けのパフォーマンスの印象もある。この県知事は原発推進派だったのに、そこまで手のひら返しするか。今ある原発の重大な欠陥が明らかになり、大放射能汚染に至っているのだから、手のひらは返しても良いが、推進してきたあなたにも責任はあるだろう。一蓮托生。
 こんなにまでなって、もう住民の原発受諾はないだろう。東電社長も「もう原発廃止します」と英断すれば良い。それなら国民も国からの東電への損害補償金補助(国民の税金からだろう)を許せる気持ちになる。
by nakatsukasadiary | 2011-04-22 21:44 | Comments(0)

2011年4月21日(木) ; 雨~曇り

 菅総理、福島原発避難民を激励に訪問するが、厳しく詰め寄られ、
「ごめんなさい…そんなつもりでは…すいません」と謝ってる。
 尋常ではないニュース映像が流されているのを見て、驚く。
 まあ、自業自得的なことではあるけれど。ここまで国民(マスコミ含め)に信頼されてないのでは、可哀相にもなる。
 福島原発災害「放射能汚染」の本質は、これまで自民党政権時代の原子力行政のいい加減さの「つけ」だ。それに今回、民主党政権のリスク管理の未熟さが加わる。
 にしてもだ。これほど危険なものをしょいこんでしまっている今の文明社会。人はそんな事実からは目を背けたがる。
 声高の「安全です! 」は本当に安全なのか? 安全と思い込みたい気持ちが多いだけで、根拠ある安全なのだろうか。
 放射線濃度測定検査済みで、問題なしの証明書付き「放射能汚染地域の野菜」ならともかく、「風評です。大丈夫です」だけの汚染地域野菜は、新鮮でも食せないだろう。
 意図的なデマでないなら、風評の中には真実もある。他力本願は危うい。自分で判断していかないといけない。
by nakatsukasadiary | 2011-04-21 21:51 | Comments(0)