<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2011年6月30日(木) ; 晴れ

 ウィンブルドン、男子シングルス準々決勝で、フェデラー敗退。
 昨年同様の準々決勝までだ。ウィンブルドン5連覇の記録も持つ彼の時代は、完全に終わったか。もう引退するかも。

 きょうも「真夏日」になるが、昨日より3℃ほど低い気温。
 ここのところの真夏並みの暑さで、一気に「節電心得」が絶対的フレーズのTV & マスコミ。
 まあ、何年も前から夏の電力不足は言われている。今年はそれに「福島第一・第二原発事故停止減少分」が加わっての危機増大感での大騒ぎだろう。
 中部電力は「浜岡原発停止命令減少分」があるが、他の電力会社は「融通分増加による減少」の可能性はあるが、基本的に変わりないから、全国的に騒ぐことでもないだろう。
 必要以上の騒ぎ立ては、「原発必要」の洗脳作業に思える。誰の思惑?
 国家的には、「原発は全て廃炉」とし、火力発電でカバーする方向だろう。自然エネルギーだけでの代替は無理だろう。
 実は、民間の現発電施設不稼動発電所の「埋蔵発電能力」で現原発能力分をカバーできるとの試算がある。「発送電分離と配電の自由化」すれば、今言われている「電力不足問題」は解決するとも。
 事実としたら、このようなアプローチの政策も提言も報道もないのはどうしてだろう。「電力マフィアパワーが、政界・経済界・マスコミ界に作用している」の噂も否定できない。
 民放なぞは、CM大スポンサーである東電には、責任追求の報道も甘い。東電や政府機関から「研究資金提供」受けている学者解説者たちもそうだ。
 今回の「放射能放出事故」で原発は、「(想定外)事故あれば、国を壊滅させるほどのコントロールできない代物」であることは明らか。フェイルセーフのシステムになってない。
 であるのに、まだ既得権益圧力からか、現状維持させようとしている。経済産業大臣が「対策済みだから大丈夫」と言って、定期点検後の運転再開を求めているのは信じられない感覚だ。対策は冷却電源喪失だけでは済まないはず。また、「割切り方」間違っている。見切りできることではない。
 目先のことで判断する問題ではない。
by nakatsukasadiary | 2011-06-30 23:41 | Comments(0)

2011年6月29日(水) ; 晴れ

 朝から快晴、気温も一気に上昇、9時には30℃超えに。
 午後は猛暑日に迫る熱気。
 まるで、梅雨明けの夏天気。最高気温34℃。
 都心では35.1℃を記録、猛暑日になる。
d0051601_2305891.jpg
 全国各地74地点で猛暑日に。
d0051601_2314952.jpg

 7月前からこれでは、今夏も猛暑になるのかな。
by nakatsukasadiary | 2011-06-29 22:32 | Comments(0)

2011年6月28日(火) ; 晴れ~曇り

 明け深夜、NHKのウィンブルドン大会中継。
 地元男子シングルス選手の3回戦試合。
d0051601_0183186.jpg
d0051601_0185289.jpg
 王室ファミリーもコート脇特別席で観戦応援する(横顔キャサリン妃)。
d0051601_0294839.jpg

 熱戦となるも、第4シードの地元アンディ・マリー選手のストレート勝ちで終了。
d0051601_0211739.jpg
 新婚のウィリアム英王子夫妻もお喜び。
d0051601_0201693.jpg
d0051601_0203042.jpg
 めでたし目出度しの、ユニオンジャックセンターコート。
d0051601_0205441.jpg
 
 
 九州南部では、史上2番目の早さで梅雨明けとなる。
 関東のここらは、梅雨の合間の晴れ間。
 午後は眩しい太陽になる。
 夕方、最後となるであろうの通院。きょうは、4時を大きく過ぎないようにする。
 と、やはり空いてる気配。
d0051601_0123394.jpg

 入ると、診察中の方が一人。
「節電診察中」ってので、待合スペース照明落としているのか。
d0051601_0141891.jpg

 1,2分待ち、名前呼ばれる。
「もう大丈夫そうです。これで今回治療終了です」「一度中耳炎すると再発多いので、異常を感じたら早めの再来院を」と。
 医院は次々の来患者となっている。午後4時から15分くらいだけが空くようだ。
d0051601_17379.jpg

 5月25日から一ヶ月と3日、14回通院でようやく治療終わる。
 出費総額13400円,うーん、何回の飲み代相当か。やはり健康第一だなあ…
by nakatsukasadiary | 2011-06-28 23:53 | Comments(0)

2011年6月27日(月) ; 曇り~雨

 まさに梅雨の天気な一日、気温は不安定。そこそこ涼しくなったり、蒸暑くなったり。
 夜10時から菅総理の「復興人事」記者会見。
 菅総理は、
d0051601_0204535.jpg

「第2次補正予算案、電力会社に自然エネルギー買取りを義務づける再生可能エネルギー特別措置法案、赤字国債の発行を認める特例公債法案の成立が『一つのめど』と考える」と。
 マスコミ(記者)はしつこくも、「成立するのが、退陣時期・条件か」と質問する ; それは記事ネタ興味だけにも思え、こんな場面で聞くことでもないと思うが…
d0051601_021598.jpg
 菅総理は、同じ文言を繰り返す。

 いまだに、自民党、民主党執行部が共に「退陣時期・条件」を要求するのは、私利目論見にしか映らない。そんなことより、復興・原発問題の解決への道筋を、早く「総理」と共につけることに専心すべし。その後に思う存分、政治家として堂々と闘えばよい。
 国民はこの国難緊急後には、民主党政権にノーと言いたいのであって、菅総理辞めさせることに熱を上げる勢力には同調しない。秋までに復興道筋つけ、政界大掃除の「解散・総選挙」を希望する。
by nakatsukasadiary | 2011-06-27 22:18 | Comments(0)

2011年6月26日(日) ; 曇り~雨

 きょうは一気に気温下降の梅雨空。
 
 今朝の「時事放談」
d0051601_220497.jpg

 内閣不信任議決案が否決された(不信任否決=信任)。なのに、何故与党の民主党ですら「菅総理退陣」の行動しているのか。大体が、議会政治の基本ルールをないがしろにしては、国会も正常に機能しない。との談話になる。
d0051601_23383751.jpg

 至極まっとうな話だ。
 菅総理の在任は、内閣不信任議決案の否決で(国会的には)決着している。
 なのに、自民党、マスコミ、さらに民主党幹部ですら「退任要求」しているのは、筋が通ってない。「政治的感覚」では居直りと言う主張もあるが、そういう問題だろうか。
 民主党の岡田幹事長、玄葉政調会長、安住淳国会対策委員長、輿石東参院議員会長と枝野官房長官、仙谷由人官房副長官が夜、都内のホテルで会談し、菅総理は8月末までの今国会中に退陣すべきだという見解で一致した。とのニュースが流れる。
 菅政権を支えるべき(内閣不信任案否決の)与党メンバーがそろって、退陣を迫るつもりとは、(総理の人徳の無さは、今さら言うまでもないが)何とも肝が座ってない政党だ。知恵者とか賢人は居ないのか?
 武家社会では、「主君押込」という工夫習慣があった。暴君には、部下が結束して「押し込める」もの。菅総理が暴君かどうかは疑問ある(名君の姿でないのは明白)。民主党は、上は独善的、下は不忠義愚行の感あり。
 今の政治状況は「主君押込」が必要とも思えない。無為無策・無思慮・不誠実のかたまり。政権闘争とも言えない、レベル低い「いざこざ」の繰り返し。
 内閣不信任決議という同一国会一回の切り札を、茶番で失ってしまう信念のない愚かさ。

●「主君押込」 
*Wikipediaから
 江戸時代の藩では、藩主の行跡が悪い場合、家老らによって行いを改めるよう、諫言が行われる。このような諫言は、場合によっては藩主の怒りを買い、手討ちにされかねない危険な行為であったが、家臣としての義務であった。諫言が何度か行われ、それでも藩主の行いが改まらない場合、家老ら重臣が集まって協議が行われる。そこで押込もやむを得ずとの結論に至った場合、実行される。
 あらかじめ目付クラス以上のある程度の身分有る者で、腕の立つ者、腕力強健な者を側に控えさせておき、家老一同が藩主の前に並び「お身持ち良ろしからず、暫くお慎みあるべし」と藩主に告げ、家臣が藩主の刀を取り上げ、座敷牢のような所へ強制的に監禁してしまう。藩主は数ヶ月に渡り監禁され、その間、家老ら重臣と面談を繰り返す。家老ら重臣により、藩主が十分に改心して今後の行いも改まるであろうと判断された場合、藩主は「誓約書」を書いて、元の地位に復帰する。「誓約書」には、行いを改めること、善政を施すこと、押込を行った家臣らに報復を行わないこと等が明記される。
 監禁の後も、藩主に改悛の情が見えず、あるいは偽りの様子としか受け取られない場合、再び悪行や暴政を行う可能性が高いと判断された場合は、藩主は強制的に隠居させられ、藩主隠居の旨幕府に届け出、嫡子や兄弟の妥当な人物が藩主となる。
by nakatsukasadiary | 2011-06-26 21:50 | Comments(0)

2011年6月25(土) ; 晴れ~曇り~雨

 梅雨空雲ながらも、午後前半まで天気もつ。
 きょうの11:00~13:00のテニス、久しぶりに成立。しかも6名。
d0051601_136158.jpg

 お昼は「鷹鮨」で。
d0051601_1365137.jpg

 帰宅して間もなく、かなりの勢いで雨が落ちてくる。
 
 土居美咲選手は、3回戦で敗退。
by nakatsukasadiary | 2011-06-25 23:59 | Comments(0)

2011年6月24日(金) ; 晴れ~曇り

 連日の「真夏日」

 夕方、通院。きょうの午後4時過ぎは大変な混みよう。
「鼓膜切開治療後の経過も良好、次回(来週前半に)で今回の治療は終了でしょう」との診察コメント。
d0051601_1423587.jpg

 夜はクラシックコンサート鑑賞へ。
d0051601_1433395.jpg
d0051601_143431.jpg

by nakatsukasadiary | 2011-06-24 23:59 | Comments(0)

2011年6月23日(木) ; 曇り~雨~晴れ

 午前中、しばらく降雨もそのうち止み、その後午後には完全に晴れ上がるまでになる。
 昨日以上に気温も上昇する。きょうも「真夏日」に。
 さすがに蒸暑く、きょうもエアコン冷房に手が行く。

 ウィンブルドンでは、土居美咲選手が2回戦をストレートで勝ち、3回戦へ進んだ。
d0051601_234650.jpg
d0051601_2342166.jpg

 予選から勝ち上がってのことだから快挙だ。
 彼女は確か昨年11月5日の有明コロシアムでの全日本テニス選手権で、シングルス優勝した。
 その試合は(たまたま)観戦してた。
d0051601_2385064.jpg
d0051601_239289.jpg
d0051601_2395631.jpg
d0051601_2403831.jpg
d0051601_241074.jpg
d0051601_2412465.jpg

by nakatsukasadiary | 2011-06-23 23:34 | Comments(0)

2011年6月22日(水) ; 晴れ

 きょうは夏至。
 朝からまるで梅雨明けのような快晴、気温ぐんぐん上昇、昼前にとうとう30℃超えて「真夏日」に。
 さすがに暑い。今季初エアコン冷房運転することになる。
d0051601_013374.jpg
d0051601_0463327.jpg
d0051601_0133526.jpg
d0051601_0143045.jpg
d0051601_14453088.jpg
d0051601_14454442.jpg
d0051601_1445582.jpg
d0051601_0371756.jpg
d0051601_14461755.jpg


●クルム伊達、ビーナスから1セット先取…でも競り負け
ウィンブルドン選手権第3日、世界ランク57位のクルム伊達が、30位で選手権を5度制したビーナス・ウィリアムズ(米)とフルセットの末、7-6、3-6、6-8で敗れ、3回戦進出を逃した。

・きょうの試合はウィンブルドンのセンターコート
d0051601_15132745.jpg
d0051601_15134136.jpg
d0051601_15135534.jpg
・マッチポイント…
d0051601_15142468.jpg
・負ける
d0051601_15144322.jpg
d0051601_15161833.jpg
・良い試合で、観客スタンディングオベーション
d0051601_15171995.jpg
d0051601_15173831.jpg
・試合終了間もない
d0051601_15202666.jpg
d0051601_15180100.jpg
d0051601_1518289.jpg

by nakatsukasadiary | 2011-06-22 23:55 | Comments(0)

2011年6月21日(火) ; 曇り~晴れ

 予報よりは良い天気になり、陽射しで気温どんどん上昇。最高気温、真夏日寸前の29℃。
 空は、梅雨明け夏雲のような部分と梅雨雲部分が、混在する。
d0051601_23302649.jpg
d0051601_23305522.jpg
d0051601_23353338.jpg


 連日の通院。昨日と同じ時間帯に行く。
 と、きょうも空いてる気配の、医院入口横の駐輪スペースに1台のママチャリも無し。
d0051601_23273327.jpg
 入ると、まさかのきょうも誰も居ない待合スペース。省エネか、天井照明も落とされている。
d0051601_23292532.jpg
d0051601_23294767.jpg

 鼓膜切開後1日経過の患部様子には問題なく、もう大丈夫そうだとのこと。
 私の後に来院人はあったので、午後4時ころってのは空く時間らしい。

d0051601_03231.jpg
・アスチルベ (泡盛草)
d0051601_143321.jpg
d0051601_1112998.jpg
d0051601_7583226.jpg


 クルム伊達、ウィンブルドン大会で15年ぶりの勝利。
d0051601_045230.jpg
d0051601_05515.jpg
d0051601_052351.jpg
d0051601_0311291.jpg
d0051601_054875.jpg
d0051601_0559100.jpg
d0051601_061454.jpg

 ただ、次の2回戦相手は、あのウィリアムズ(姉)選手だから、もう1勝は無理っぽい。
by nakatsukasadiary | 2011-06-21 23:31 | Comments(0)