<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年5月31日(土); 晴れ

 最低気温(℃) 16.9 03:47、最高気温(℃) 32.7 14:14
 快晴で真夏日に。最高気温32.7℃は、今季最高。
 全国各地でも真夏日続出。

 連日の真夏のような暑さ、部屋の中も30℃超えてしまう。
 エアコンの気分でもないが、窓開放しても意味ない外気の暑さ。しかし、閉めてると室温さらに上がる。

 何年ぶりだろうか、手紙書く。文書ソフトの縦書モード使ってみる。使い慣れないこともあり、少々難儀する。印刷の段階でトラブル。普段のA4からB5用紙使用に設定して印刷する、何故かA4に戻ってるような余白無い印刷に。余白設定したいのだが、この最新PCでのOpen Office Writerには見当たらない。縮小印刷モードで何とかなるが、気分はもやもやスッキリしない、納得できてない。不便だ。
 まあ今回は結果オーライで、82円切手をコンビニで購入し貼付け投函する。

 夕食をで外食「チャーハン」を試す。店のメニュー見ているうちに、チャーハンに肉あんかけのメニューあるのに気付きそれにする。が、これでは結局チャーハンのパラパラ度効果消えてしまい、失敗感。

by nakatsukasadiary | 2014-05-31 23:59 | Comments(0)

2014年5月30日(金) ; 曇り<>晴れ

 最低気温(℃) 15.4 03:37、最高気温(℃) 30.2 13:22
 きょうこの辺り、とうとう真夏日に。
 九州大分県日田市では猛暑日寸前の34.3℃。

 武田氏ご指摘のこのNHK番組、私も視た。
 まだこんなふうにやってるのかNHK、と悪い旧態感印象。
 しばらく温暖化危機事象紹介番組してなかったから、間違いに気付いてシカトに入ったかと思ってたが、これはもう真相探求より、意地?で制作(我田引水)のこじつけ番組か?
温暖化原因事象ではないのではと、そろそろ疑念湧かないかね?スタッフたち、中毒患者・盲信者と同じレベルか。「科学論文捏造&発表」相当の番組制作&放映に思える。
 良識霧散してるのかNHK。NHKスペシャルと言えば、知的良心的看板番組の印象持ってたが、あの偽作曲家の件と言い、随分と質低下し、その歯止めも無い組織なのか。真実追求の報道信念とか見識は無いのか? 科学に無知な阿呆集団なのか? 澄んだ報道心で真実・真相に迫って欲しい。
 経営委員会って、コンプライアンスチェック機能は無いの? てか、こう言うのBPOに訴えるべき? それも情けない話で、私もNHK受信料払ってるから憤慨すべき事態だろう。
「海面上昇について、NHKプロデューサーが武田邦彦と対談」番組制作し、「温暖化→海面上昇報道」検証するという責任感、は湧いてこ来ないものだろうか。


●武田邦彦ブログからコピペ
(原文そのまま。氏は誤字が多いのも特徴、タイトルからして)

ショート論評 温暖化しなくても海水面が挙がる理由は?

NHKNHKスペシャルで、「温暖化によってジャカルタなどが水没しかかっている」と放送した。物理学的には実に面白い新発見だ。

(下のグラフは北海道新聞が報じた「正式な気温変化」で、若干、最近は低下気味であることがハッキリ判る)

Bandicam_20140126_101449863

地球の気温は気象庁が整理しているように、最近、17年間はまったく変化していないか、あるいは僅かだが減少している。だから、NHKはついに「温暖化して海水面が上がった」のではなく、「気温や水温が変わらないのに海水面が上がる」という新学説に到達したらしい。そうとしか考えるしかない。気温は同じなのに海水面が上がるのだから。

これは世紀の発見で、水が温度に対して負の体積膨張率を持っているというのだから、物理学会は大騒ぎだろう。それにしても2006年だから今から8年前、同じNHKスペシャルは「ツバルが沈んでいる」という報道をして、大人の膝まで海水が上がって浸かっていた。(下の写真は2006年のNHKのスペシャル)

Bandicam_20140201_120419562

さらに他の地域まで沈んできたと言うことになると、ツバルは胸あたりまで海水面が上がっているのだろうか? 当時、ツバル報道をしたのはNHKばかりではなく、多くの写真家、環境運動家がツバル詣でをしていた。

都税1500万円を使ってツバルに大名行列をした石原元都知事もふくめて、この際、良心というものがあるなら、日本人としての誠実さが残っているなら、現在のツバルも写真を撮ったり、報道したりするだろう。

それとも最近、さっぱりツバル報道がなくなったのは、ツバルがすでに沈んでしまったからかもしれない・・・・(これは冗談で、すべては事実ではない)

受信料を取って視聴者を騙すのもいい加減にしてくれっ!!

(平成26528日)


by nakatsukasadiary | 2014-05-30 06:45 | Comments(0)

2014年5月29日(木); 晴れ<>曇り

 最低気温(℃) 15.3 04:44、最高気温(℃) 27.8 12:58
 きょうも夏日に。27.8℃は今季最高? 部屋内では蒸し暑さも。

 きょうも夕食を外食してみる、低価格「すき家牛丼;味噌汁/おしんこ付き」で。
 数週間か前の食際から改善ないような…
 一口目だけ、確かに味わえたのは。その後は勢いで食し進むも、昨日同様、ご飯ねとつくのがどうにもイケない。半分ほどでもうダメ。
d0051601_00151361.jpg
 味噌汁で押し流しこむ作業に変わり、食すのが苦痛にもなる。まあ税込み378円だから、ではなさそう。問題は口内現状とご飯の状態の相性部分、ご飯硬めかお粥でないとダメなのか? Yes! 
 先日「助六寿司」選択した際、巻きずしはねとつきNGもイナリズシは、ねとつきなく味わえた。イナリズシだけでは栄養分偏りありそうで「助六」にするのだが… 今はそこんとこうまく噛み合わせられない状況にある。
 しみる痛みなく食せるようにはなってるのだが、淀んだ何とも言えない味わいで食道に押し込む食事は辛いものもある。義務的で楽しめない。
 コメ粒パラパラのチャーハンなら良さそうだが、チャーハンは店を選ばないといけない。冷凍食品って手もあるか。サイドメニューは餃子?
 GW中あちこちで外食した時は、それなりに考えた食事でそれなり味わえたのに、何でだ? 要(かなめ)は「ご飯」部分だろう。てか、早く元に戻って欲しいものだ。放射線で壊れた唾液腺の回復が遅いのが問題。
 GWに頂いたこちらに、
d0051601_01110342.jpg
 早く手を出したいのだが…
d0051601_00402507.jpg

by nakatsukasadiary | 2014-05-29 22:42 | Comments(0)

2014年5月28日(水); 曇り<>晴れ

 最低気温(℃) 17.7 03:45、最高気温(℃) 27.2 13:45
 曇りから晴れになったりで、ぼやけた一日。
 きょうも夏日、かなり気温上がるも、ほんわか過ごしやすい気候で結構。
 西日本や日本海側では真夏日になったようだ。

 夕食を外食してみる。定食屋さんの「しょうが焼き定食」
 うーん何でかな、しょうが焼きが未だ美味しく感じない。そしてご飯が、やけにねとついて口内感触良くない。ご飯一口したら必ず味噌汁しないといけない。お湯で増量してても足りない。サイドメニューの「ひじきの煮物」が、ちょうどの水気具合で味わえて、せめてもの救い。やはりこれではまだ外食はコストパフォーマンス悪い。食事全体に要する時間は短くて済んで良いのだが。
 うどん・ラーメンの麺類はどうも、口内感触ザラザラ粉っぽく不味く感じる。スープ汁は味わえるも、麺感触で台無しになる(小麦粉だから?)。ビーフン・フォーの麺はその点大丈夫だが、淡白感強く物足りない感じするし(米粉だからか)。
 肉類よりお魚類の方が、口内感触良く味わえる印象する。ご飯は硬めが良いようだ。パン類では、蒸しパンはベタすぎてNG、ロールパンはヤマザキNG/第一パンOK、ジャムパンよりはクリームパン、ブッセOK、プチカステラOK、サンドイッチはいまいち味わえない、カレーパンも同様、どら焼き(和菓子か?)が一番味わえる。
 しかしまあ、いつになったら元に戻る事やら… 少しは改善している気もしてるけど。

 国立競技場がいよいよ「お仕舞い」近くなって来てる。
 ポール・マッカートニーのライブは中止になってしまったが、イベントが続いている。
 25日日曜日の様子、日本vs香港のラグビー試合行われた。
 聖火台に火が点されている。T特派員からの報告。
d0051601_00123098.jpg


by nakatsukasadiary | 2014-05-28 23:01 | Comments(0)

2014年5月27日(火); 曇り<>晴れ

 最低気温(℃) 16.6 04:16、最高気温(℃) 26.4 15:05
 朝には雨上がり晴れ間見えたりも、曇り勝ち。終日はっきりしない天気。
 きょうも夏日。
 湿度高目もまあ過ごしやすいうちで、お昼寝スヤスヤしてしまう。

 男子サッカー日本代表ザックJapn、今一だねえ。
 同じ1-0スコア勝ちでも、先日のなでしこジャパンの試合の方が圧倒的に魅力的。まあ、本気度違う試合ではあるけれど。
 壮行試合で相手もかなりの格下、もっと華々しくGOALしても良さそうなもの。
 合宿疲れあるだろうも、1GOALで終わるとは。決定力不足と言われてもう何年か、ちっとも進歩してないような。来月の本番ワールドカップでは頑張ってほしいものだ。
●先日大沢グラウンドでの、若者たちのサッカー練習風景

d0051601_10511435.jpg
d0051601_10555763.jpg
d0051601_10554749.jpg

●きょうの武田邦彦ブログから
ウクライナの大統領選挙はどうやら親欧米派が勝ったと報道されている。まだ予測の段階だから最終結果がどうなるか判らないが、私は日本と比較してある感想を持っている.

ウクライナという国は昔「キエフ公国」があったところで、モスコーを中心とする今のロシアに比べて早く発達した地域だ。ところがモンゴルの襲撃で破壊され中心がモスコーに移ると、その後のキエフ付近の発展は途絶えた.その大きな原因が、西(ポーランドやドイツ)と東(ロシアなど)に挟まれて、国民が常に「西だ! 東だ!」と分裂を重ね、悪いことにいつも「負ける方」についてしまうという判断ミスもあった.

第一次世界大戦の時には、ドイツーオーストリア連合について敗戦の憂き目をみた。でも、発展を阻害してきたのは「意見の対立」であって、対立ではなく合意が先行すればウクライナの人の幸福度はかなり違っていただろう.

現在の日本、私は「対立を煽る時代」と思う.その原因の一つはマスコミが偏った情報しか流さないので、多くの人が冷静に物事を考えられないことにあるし、第二に明治維新と第二次世界大戦で敗北したショックがまだ尾を引いていて、日本文化と欧米流の考え方の間をさまよっている.

更に最近ではSTAP事件に見られるように、何か日本人がイライラして人をバッシングすることによって自分の不満を解消しようとしていること、政治家や東大教授がウソを続けて言い訳で逃げ切っていること、さらには教育で教えることすら決められないことなどが原因しているように感じられる.

今こそ、ウクライナの情勢を他山の石として、「合意に向かった情報提供と議論」を進めるべき時だ。合意に向かうと言うことは最終的な合意になるように情報を提供するのではなく、逆にありのままの情報を流し、それによって多くの人の判断力を高める方向に進むしかない.

世界には温暖化について学問的にも政治的にも二つの流れがあるのに、その一方だけを報道していたら、対立が生じる.

だから、まず「クールビズ」を止めることから始めよう.着る服ですら政府の言いなりでは合意は得られない.その次に「意見の相違は人間そのものの問題ではなく、経験、年齢、男女、利害、錯覚などに基づくものである」ということを認め合って、合意に向かって話を進めることが日本の子どもたちの未来を明るくするだろう.


by nakatsukasadiary | 2014-05-27 23:59 | Comments(0)

2014年5月26日(月); 曇り~雨

 最低気温(℃) 16.1 04:47、最高気温(℃) 24.7 11:24
 終日曇り勝ちの天気、深夜になって本降りの雨になる。

 夕方の情報番組のすき間時間の特集で、また三鷹の青果店(八百屋さん)が出てきてる。きょうのお店は知らない。どこの場所かも、映像見てもピンと来ない。どこだろう?
d0051601_12041003.jpg
 道路が新しい感じする。今拡幅工事している、かえで通り沿いにあるのか?
 違うようだ。三鷹「マルキ商店」で検索したら、牟礼5丁目。あちらにはあまり行かないから、景色も馴染みないわけだ。伸長した東八道路沿いのようだ。
d0051601_12042551.jpg
d0051601_12043052.jpg
d0051601_12131633.jpg
 この通りは見覚えある吉祥寺へのバス通り。ここ左折ってことは、
d0051601_14051498.jpg
d0051601_12044819.jpg
d0051601_22075724.jpg
d0051601_12050409.jpg
d0051601_12052181.jpg
d0051601_12053267.jpg
d0051601_12054142.jpg
d0051601_12055018.jpg

 ここで、はな子と言えばもう、日本最高齢のゾウさん。
d0051601_12060467.jpg
d0051601_12100331.jpg
d0051601_12061590.jpg
d0051601_12062850.jpg
d0051601_22135448.jpg
 こんなお店があったのか。ちょっと離れた場所だし、まあ縁はなさそうだけど。

by nakatsukasadiary | 2014-05-26 21:48 | Comments(0)

2014年5月25日(日); 晴れ~曇り

 最低気温(℃) 15.9 04:22 、最高気温(℃) 27.8 13:38
 きょうは軽く夏日超え、今年一番の高気温?

 なでしこジャパン、アジアカップ優勝!
 きょうも岩清水のヘッドGOALが決勝点となる。
d0051601_23152402.jpg
d0051601_23185565.jpg

d0051601_15293004.jpg
d0051601_15363852.jpg
d0051601_00475957.jpg

 先日のあるTV番組で、ローカル路線バス乗り継ぎ旅人氏
d0051601_10491636.jpg
 この歩道橋ってのは、私もよく散策で訪れる「跨線橋」のことだろう。
d0051601_14203345.jpg
 あの太宰治も通ったと言う当時のままの年代物。
d0051601_10492224.jpg
d0051601_14210162.jpg
d0051601_14211194.jpg
d0051601_09145591.jpg
d0051601_10492845.jpg
d0051601_11004943.jpg
d0051601_09152110.jpg
 太川陽介氏って、近くにお住まいなのか? 
 隣接の調布市在住のようだけど、中央線の「跨線橋」までわざわざ? 路線バスでかな? 三鷹駅まで調布市内からいくつかのルートで路線バスある。

by nakatsukasadiary | 2014-05-25 23:59 | Comments(0)

2014年5月24日(土) ; 晴れ

 最低気温(℃) 12.7 04:51、最高気温(℃) 25.4 15:50
 快晴の一日。気温も上昇、夏日になる。

 地産マルシェ三鷹店を確認してみた。カクヤス酒店のお隣。

d0051601_10441828.jpg

 あの武田邦彦氏が、こんな意見をブログにアップされている。
 ふーん、第一次安倍内閣退陣から日本社会は狂いが増大し始めたと。
 今の政治家達、将来を考えた見識(国益)で動いているのか? 自分(党?)の観念(理念/主義主張)に拘るばかりで、世を俯瞰する能力欠落している。
 マスコミも、騒ぎ立てるだけの無責任な煽り(マッチポンプ)集団になってるし。賢人であるべき権力の対抗勢力が痴呆人ではお話にならない。

[武田邦彦氏のブログから全文コピペ]
●日本人なら立ち直るだろう・・・政治家が破壊した日本の文化と社会から

2007年9月12日(第一次安倍内閣・首相の退陣表明)以来、日本は異様な状態に突入し、現在もそれが続いています。2014年のSTAP事件、鼻血事件もその流れの中にありますが、
いつまで続くのでしょう? 日本人なら立ち直ると思いますが、
「何が起こっているのか」が分からないと立ち直りが遅くなるでしょう。
賛否両論はありますが、小泉内閣の時は日本は「新しい自民党」のもとでそれなりに未来に夢を持ち、社会にも活気があったのです。
ところが期待されて登場した安倍首相が「まさか!」、1年過ぎたところで「腹痛」のために退陣しました。退陣に際して健康問題には一切触れず、理由にならない理由をたてて辞任し、すぐ入院となったのです。
この時から、「ウソをつかなければならない理由がなくてもウソをついてよい」ということが定着しました。
安倍首相の退陣理由は後に「潰瘍性大腸炎」とされたのですが、首相を退陣する時に「内臓の病気が悪化して首相の激務に耐えられなくなった。ご理解をお願いしたい」と言えば済んだのです。
サラリーマンが何かの職を引き受けて、体の調子が悪くなって職務を全うできない時、「事実」を言わないということはまずありません。そんなことをしたらその人は信用を失い、その後の仕事で信用してくれる人はいなくなるからです。
つまり、その人の言うことが信用できなければ、すべては終わりになるのが「普通の日本の社会」ですから、すでに「政治の中枢が普通の日本の社会の道徳」が守れないことを示したのです。
「首相は偉いからウソをついてよい」、「庶民にはわからないウソをつく理由がある」という考えは、日本がお殿様のいる封建主義でもなく、秘密が必要な軍事政権でもないので、適当ではないことは明らかです。
そして、安倍首相の退陣後に首相となった福田、麻生と続く自民党末期時代には、
首相が1年ごとに交代するという奇妙な状態になりました。
その時も「退陣理由」は非常識なもので、退陣理由を記者から追及された福田首相は「君たちにはわからない」というおよそ民主主義とは思えない答えをして質問を封殺しました。
2009年から始まった民主党政権の乱れは、すでに言う必要もないほど日本社会に打撃を与えました。
第一に「選挙は意味がない」ということで、選挙で公約し、口に出したことはすべて反故になることが明らかになったのです。
日本社会に最も大きな打撃を与えたのが、鳩山首相の普天間基地に対する言動で「国外、少なくとも県外」という約束をして腰砕けになったこと、野田首相の「増税はしない。口で言ったことも絶対に守るが、紙に書いたことにはたがえない」と選挙前に演説していたのに、首相になると
「増税に命を懸ける」という趣旨の発言をするのですから、これはもう、「何をか言わんや」と言う状態です。
民主党のように大きく公約を破れば選挙自体の意味が失われるが、それ以上に、民主党政権がやったことは
「約束を守らなくても良い」、「やると言ってもやる気がなくても良い」ということだったから、国民に与えた衝撃は大きいものでした。
つまり日本は、「礼儀と信義を守る誠意ある国」から「ウソでも平気で、約束を破る国」になったのですが、
その先頭を切ったのが、自民党と民主党、それに首相という日本の指導者たちということなので、これで社会が乱れないはずはありません。STAP論文の細かいミスなどと比較にもならないのです。
また、現在、NHKや朝日新聞をはじめとしたマスコミの報道が信用されなくなってきていますが、もともとマスコミの報道が「流れ、空気」であり、日本が軍事国家の時には戦争を賛美し、高度成長の時には贅沢を勧め、環境時代には節約を、というような報道を続けてきました。
それに加えて指導層の乱れを受けて、さらにマスコミが事実報道しないという異常事態が続いています。
しかし、日本は私たち国民の国です。首相や政党がどんなに乱れていても、私たちは
「ウソをつかず、約束を守る」社会を作ることはできます。
それに加えてSTAP事件や鼻血のマンガでマスコミが「強いほう(理研、首長)」についたような惨めな社会をも追放したいと思います。
それには、とりあえずNHKの受信料を払わず、この際、新聞の購読を止めるか、
信頼できる新聞に変えることはできます。情報源を慎重に選ぶことはこの社会では必要なことかもしれません。
マスコミにいる人が嘘つきだということはないのですが、組織と時代が硬直化して、すでに自分の判断もできなくなってきているのです。
ただ、誠意ある政党が出現しないことはかなり苦痛です。また中央官庁や自治体もあまりに利権(予算など)が固定して、身動きが取れないようになっています。
戦争をしたときに「勝ったほうが良いか、負けたほうが良いか」というと、勝ったほうが良いに決まっていますが、第二次世界大戦で勝ったイギリス、フランスが没落し、負けたドイツ、日本が繁栄したのは、「既存組織の腐敗」であり、戦争で既存組織が残ったイギリスやフランスより、既存組織が戦争で破壊されたドイツや日本が成長したのです。


by nakatsukasadiary | 2014-05-24 23:39 | Comments(0)

2014年5月23日(金); 晴れ~曇り

 最低気温(℃) 13.4 04:47、最高気温(℃) 22.2 13:08
 きょうも、時々雲が出てくる天気になるが、雨にまでならない。
 気温もそれほど上昇しない。

 相変わらず食事は不自由。
 しかしまあ、果物も生野菜も食せる様にはなってきてる。
 問題は、味わえず美味しい物も美味しくいただけないこと。これはかなりのストレスになっており、食欲減退しつつある。

by nakatsukasadiary | 2014-05-23 22:57 | Comments(0)

2014年5月22日(木); 晴れ<>曇り<>驟雨

 最低気温(℃) 11.5 03:44、最高気温(℃) 23.9 10:31
 朝からの快晴も、突然の黒い雲から驟雨にの繰り返しで目まぐるしい天気の一日。

 女子サッカーアジアカップ準決勝、日本対中国戦。
 なでしこジャパン、1-1で延長戦のまさに終了間際のGOAL!で2-1勝利。
d0051601_11083060.jpg
 決勝点決めたのは岩清水、解説の松木氏は「いわし、いわし」と興奮実況、決勝GOAL後は「東北の星だ」と絶賛。「うなぎ食べさせてやらないと」お約束らしい。
d0051601_10500849.jpg
1点目の宮間ー澤のコーナーキックからのGOALも見事だった。
d0051601_10592991.jpg
d0051601_10495586.jpg
 ハンドのファウルでPK得点与えてしまった中島選手、泣いていた。
 延長戦では押され気味だった。勝てて良かった。
d0051601_10493848.jpg
 良い試合だった。

 あるTV番組で、こんな店三鷹にありと。近所だ、一度行ってみるか。以前はLAWSON100円Shopだった場所だろう。地味な店になってるとチラ見記憶。
d0051601_10491012.jpg
d0051601_10491814.jpg
d0051601_10492595.jpg

by nakatsukasadiary | 2014-05-22 23:15 | Comments(0)