<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年12月31日;(水); 晴れ

 最低気温(℃) -0.8 06:35、最高気温(℃) 13.3 13:38
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 8.6(南西) 18:28
 朝の氷点下はそれほどの冷え込みではない、きょうも東京冬晴れ天気

 朝から、晴れて穏やかな大晦日になっている
 街中は交通量も少なく静か。空気も澄んでいる感じ

d0051601_22103012.jpg
d0051601_22103600.jpg
 遅いお昼を「松屋」でプレミアム牛丼の並み
d0051601_22034707.jpg
d0051601_22104839.jpg
d0051601_22041117.jpg
d0051601_22101073.jpg
d0051601_22042962.jpg
d0051601_22035503.jpg
 年末ジャンボ宝くじは、今回も外れて夢叶わず
d0051601_02444934.jpg
d0051601_02570842.jpg
以下同様で外れ、末等300円一枚だけ


 紅白歌合戦は白組の勝ち
 もう間もなくの明日から来年2015年始まる

武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 今、自分で考えること(or 行動)しない人々が多い。風潮に乗り空言葉発し、批判・注文・いちゃもんはするが、何も有益な展開(実体ある行動)にはならない。言動に根拠(軸)のない「面倒な人」に成りきりの居直りを決め込んでいる
 無責任と言うことだが、責任(現実・実相)の感覚・意識が無いように思える

「最期の一撃」解読・・・その1 日本軍人と右翼思想

最期の一撃のシリーズを執筆していますが、なにしろ戦争のことであり、「戦争は嫌い」という人が多いですし、「戦前の軍部は侵略戦争をした」と思っている人もいます。また右翼というと戦争賛成、再軍備賛成、原発賛成、秘密保護、はては憲兵、言論圧迫などを思い浮かべる人も多いでしょう。

でも、「戦前の日本の軍人は右翼ですか?」と質問すると100人が100人、「それは右翼ですよ」と答えるでしょうし、まして「マレーの虎」と呼ばれた日本陸軍中の陸軍軍人・山下大将ともなると、右翼に決まっていると思っている人が多いと思います。彼の風貌から見ても、丸刈りの頭、ごつい顔、軍刀、勲章、テコでも動かないような頑固そうな顔・・・と到底、現在の「チャライ男」とはかなりの距離があります。

でも、山下大将の考えは、1.人間には道徳的判断力が一番、大切、2.科学は戦争のためではなく生活を豊かにするものに限るべきだ、3.女性は男性とともに社会を支えなければならない、4.日本軍人の多くも、意見を言わない女性も日本のためにならず、その言動はほぼ同じだ、5.立派な人物を育てるうえで母親の影響がもっとも大きい、などで、この考えが現代の知識人、右翼、左翼、女性議員、善良な日本人などの誰に一番近いかというと、紛れもなく善良な日本人で、到底、アメリカの影響下にある知識人、思想的に強い考えを持つ右翼や左翼、一部の女性の利害を代表しがちな女性議員などとは一線を画しています。

「なぜ、日本軍の軍人中の軍人が、21世紀の善良で平和を愛する日本人と同じなのか?」と問わなければなりませんし、これはなんら驚くことでもありません。現在の私たちの先入観、日本軍人=戦争好きの右翼 とか、戦前の軍部=暴走 というのは戦後のアメリカ占領政策の中で創造されたものだからです。

どんな時でも「事実を見る勇気」は必要で、その一環としてまず「山下大将の遺訓」と整理してみました。人はその命が絶たれるとき、その人の心の底にあるものがでます。山下大将は軍人ですから、政府が戦争を始めれば命令によって軍務にあたるので、見かけは戦争をする人のようにみえますが、真実を表現すると「戦争は政府がしたいと思うものであり、軍人はそれに応じて戦争を職とする人である」と言えるでしょう。

例外はあります。戦前の日本軍人の中でも「戦争をしたくてたまらなかった人たち」がいないわけではありません。それは膨大な軍組織ですから、当然でもあります。しかし、戦争を始めたのは、軍人ではなく、第一に国民(マスコミに誘導されたことはありましたが)、第二に政府でした。戦争が近づいてきた時、アメリカとの和平を主張する人に対して「腹を切れ」という趣旨のバッシングをしたのはほかならぬ、朝日新聞を中心としたマスコミでしたし、その報道を喜んで好戦的新聞を買ったのは日本国民だったのです。

日本国民が日本国民を非難するのは辛いので、誰かに責任を転嫁したい・・・その気持ちはわかりますが、やはり今後の平和のことを考え、子供の未来を心配するなら、安易に軍部を非難せず、なぜ戦争に至ったのかを冷静沈着、大人として親としての勇気と覚悟を持つ見る必要があるでしょう。

山下大将の遺訓は私たち日本人がこれから憲法改正の議論(まずは議論です)を控え、平和国家を築くためにはどうしても必要な第一歩と考えています。

(平成26年12月28日)



by nakatsukasadiary | 2014-12-31 23:59 | Comments(0)

2014年12月30日; 晴れ

 最低気温(℃) -1.1 05:56、最高気温(℃) 11.7 15:00
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 4.9(北東) 12:58
 きょうは穏やかに東京冬晴れ天気。10℃超えて暖かい

 全国高校サッカー選手権大会で三鷹高校戦を4chでライブ中継してる
 開幕戦で、相手「東福岡」は優勝候補らしい
 健闘したが、0-2で敗退してしまう
d0051601_02021599.jpg
d0051601_02030467.jpg
d0051601_02031173.jpg
 進学校だけあって? 頭良さそうな感じあり
d0051601_02031889.jpg
 今年最後の洗濯仕事する
 今年は何十年ぶりかにしっかり、手しもやけに。やはり体力不足で血行良くないか
 水仕事は悪化要素だが、やらねばで仕方ない
d0051601_02061075.jpg
 夜1chで、深大寺ロケのクイズ番組やってる
d0051601_02335905.jpg
d0051601_02340792.jpg
d0051601_02400345.jpg
d0051601_02341426.jpg

by nakatsukasadiary | 2014-12-30 23:56 | Comments(0)

2014年12月29日(月) ; 雨~曇り

 最低気温(℃) 1.2 23:52、最高気温(℃) 5.9 18:48
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 4.3(北西) 06:49
 きょうは冬日にならずも、昨夜から雨しとしと。お昼過ぎまで雨降り

 午後3時前から昼宴会のイベントで品川インターシティへ
 昼宴石狩鍋コース3000円に無料飲み放題付き
 午後3時前から飲んでると夜も相当長いものとなる
 ” 何だ、まだ夜7時前かよ ”の二次会のお仕舞い
 三次会終えても午後10時頃

d0051601_02402495.jpg
ご機嫌W氏(掲載” 良 ”了承済み)
d0051601_02401953.jpg
 午後11時に地元吉祥寺駅に到着
d0051601_11351744.jpg
 小腹空いてる感でいつもの「清龍」へ。冷奴、冷や枡、焼きおに茶漬けで仕上げ
 会計時、いつもの店員・店長に一年の挨拶して店を出る
d0051601_11361163.jpg
d0051601_11512041.jpg
 シンデレラタイム帰宅で、午前様にはなんとか
d0051601_02403035.jpg
 「ユニクロ吉祥寺」が「PARCO」の向かいに開店している
d0051601_11382990.jpg
d0051601_11384259.jpg

武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 科学は真摯な態度で臨んで欲しいものだ

神棚のCO2(2)・・・もし「人間」が登場しなければ地球??
やや他の生物には迷惑な存在である私たち人間が、環境や他の生物のために大きな貢献をしているといえば、「地下に埋まっている石油や石炭を掘り起こして、自動車を走らせたり、暖房したりして二酸化炭素に戻す」ということだろう。

地球が誕生した時には大気の95%もあり、二酸化炭素が命の源(生物のご飯)になったから、この地球に「素晴らしい命の息吹」や「かけがえのない生命」が誕生したのだが、37億年の長きにわたり二酸化炭素を食べ続け、生物が死んで腐敗してもとのCO2に戻らなかったものが、次第に地中や海底に沈み、ついに200年ほど前には0.028%まで落ち込んだ。
産業革命で石炭を炊き出し、20世紀に入って石油が大量に消費されたので、現在はやっと0.04%まで回復したけれど、まだ危険レベルにある。
さらに加えて、環境などどうでも良い、他の生物などすべて絶滅しても良い、自分だけがお金をもらいたいという「温暖化派」が「二酸化炭素を削減する」とか「低炭素社会」などと言っているので、かなり危険である。
生物は基本的にはCO2を食べて生きているのだが、人間はすでに進化の過程でCO2からC(炭素)作る体の中の工場が稼働せず、「稲や麦」という家畜のような生物に頼んで、CO2からC(コメ粒)を作ってもらい、「いただきます」といってご飯を食べるようになっている。
どのくらいのCO2が適当かはむつかしいが、私たちの呼気の濃度が3%程度なので、とりあえずそのぐらいを目指すとする。今のところ、どんどん石油などを使ったとして100年で0.01%ほど増えると言っているので、そのデータを使うと、3万年ぐらい一所懸命、化石燃料を使えばなんとか他の生物も一息つき、私たちもイネに感謝の気持ちを示すことができると思う。
でも、相変わらず太陽光発電とか燃料電池自動車とか言って二酸化炭素を減らそうとしている人たちがいるから油断できないが、実は太陽光発電は現在の石炭火力発電より二酸化炭素を多く出すし、燃料電池自動車も水素を作るために5倍の二酸化炭素を出すから、二酸化炭素を減らすとウソを言っているだけで、増やすのに貢献はしている。
もちろん、温暖化などしない。二酸化炭素が増えるというのは「未知の未来に向かう」のではなく、「過去に帰る」だけだから、心配はない。すでに地球物理学、古生物学などの学問が「現在より過去の方が生物にとって住みやすかった」ことを明らかにしているからだ。
もっとも大きな問題は、「過去に戻ることを、あたかも未知の未来に進むように一般の人を騙して、二酸化炭素が増えると気温がどうなるかなどをコンピューターで計算している」ということだ。もしこんな学問的手段が登場したら、理系の教育はすべて破壊されるだろう。
理科という学問は、まず第一に自然に聞くのだから、過去の二酸化炭素と気温の関係を調べること(すでに分かっている)であり、過去がどうしても調べられない場合は理論も必要だが、それほど地球の歴史が分かっていないわけではない。
当面、地球全体と生物の環境のことを考えて、ちょうどいいくらいなので二酸化炭素を出すようにしたほうが良い。人間にとっては自動車に乗るというのはあるところから別のところに移動することだが、地球はそんなことには関係がなく、地下にあった石油が燃やされて二酸化炭素になって大気中に戻ってくることを意味している。
お金よりもっと大切な環境や地球のことを考えたいと思う。


by nakatsukasadiary | 2014-12-29 23:59 | Comments(0)

2014年12月28日(日); 晴れ<>曇り

 最低気温(℃) -3.8 06:43、最高気温(℃) 8.6 14:53
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 3.6(北東) 10:50
 きょうはかなり冷え込んだ。-3.3℃は今季3番目か
 きょうも冬晴れ東京天気

 午前中、吉祥寺「SEIYU」へ買い出しに
 街はすっかり年の瀬景色
d0051601_01543961.jpg
 SEIYU前フロントスペースに正月飾り売場
d0051601_01544614.jpg
d0051601_01550205.jpg
d0051601_02395063.jpg
d0051601_02400128.jpg
 花屋さんまで、正月飾り売っている
d0051601_09002290.jpg
d0051601_01545232.jpg
 北西の空
d0051601_01554034.jpg
d0051601_01555610.jpg
 南の空は雲に覆われている。天気は下り坂なようだ
d0051601_01560286.jpg
 ジブリ管理事務局建物「草の家」の屋根も枯れて冬景色
d0051601_01561243.jpg

by nakatsukasadiary | 2014-12-28 23:53 | Comments(0)

2014年12月27日(土); 晴れ

 最低気温(℃) -2.0 23:26、最高気温(℃) 8.3 14:19
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 8.4(北東) 13:29
 きょうも昨日と同じ天気、いよいよ東京の冬本番かの

武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 「脱法ハーブ」「違法ドラッグ」って、何で野放しに近かったのだろうねえ… 分子式の一部違うから取り締まれないとかの問題じゃなかろうに


「脱法ハーブ」を生んだもの・・・なにが発生源か?
かつて、麻薬を合成することができず、植物から抽出したり、その植物そのものを煙にして吸ったりしていた。ケシ、大麻などがそうで、「ケシ、大麻」は植物で「薬」ではないが、科学が発達していなかったので、仕方がなかった。

かなり前から「ケシ」の方は植物のケシを規制せずに、アヘン、コカイン、ヘロインなどがそれで、古いアヘンは混合物だが、ヘロインはアヘンから採れる単一の薬物(モルヒネ)であり、コカインもコカから採れる単一の化合物である。

この関係はお酒に似ていて、お酒も麻薬の一種(規制されていない麻薬、あるいは20歳以下は禁止されている麻薬)だが、昔は日本酒、ビールなどということで規制されていたが、今では、「ノンアルコールビール」は1%以下のアルコールしか含まれていないので酒税法の対象でもなく、また未成年が飲んで咎められることもない。

「ノンアルコールビールを飲んだら酒気帯び運転で逮捕された」というのは笑い話になる。ところが、大麻は植物なのに、「大麻取締法」で麻薬と同様に規制されている。だから、大麻のなかの麻薬成分であるテトラヒドロカンナビノールを含まない産業用大麻を育てていても、警察は逮捕する。

笑い話なのだが、日本の科学の後進性、魔女狩り文化が残っていて、「大麻」という「植物」を育てただけで逮捕されるという悲惨な例が後を絶たない。私はこのような「非科学的」なことをしていると犯罪を呼ぶと警告をしてきたが、それが「脱法ハーブ」事件で多くの犠牲者を出すことになった。

それでもまだマスコミは非科学性を発揮して、毎日のように報じている。本当の原因を明らかにしないと犠牲者は増えるばかりである。

アヘン、ヘロイン、コカイン、大麻、覚せい剤・・・などで規制するのではなく、「向精神作用薬物」で、社会で禁止すべき「薬物」を規制しなければならない。科学でなんでも合成できる時代に昔の状態を引きずっていれば、犯罪は止められない。「大麻」は植物で麻薬ではなく、「覚せい剤」は「覚醒する」から麻薬ではない。そのもたらす精神作用が社会が許さないのだ。

大麻を規制しているので、本来、規制すべき大麻に含まれるテトラヒドロカンナビノールは扱って良いことになり、それをハーブにつければ「脱法ハーブ」になる。法律的に「脱法」した状態のハーブであり、立派な麻薬だが、アホな法律のために販売された。

なぜ「大麻」を規制して、テトラヒドロカンナビノールを規制しないのかというと、第一に厚労省、警察署、専門家が「化合物がわからない人たち」であること、第二に「逮捕する利権が大きい」ということだ。また新聞やテレビは記事にできるので良い。

「大学生が下宿の押し入れで大麻をそだてていて、逮捕された」となると、大騒ぎになり知の集積をしているはずの大学が「学生を厳罰に処し、綱紀を粛清する」と学長が発表する。その多くが「テトラヒドロカンナビノールを含まない大麻」であり、未成年がノンアルコールビールを飲んだから退学させるという類の「頭が回らない学長」である。

悪法も法だから処分するのは仕方がないが、同時に「本来、麻薬でもないものを規制すると学生が間違って犯罪の道に入るので、合理的な規制を求める」という声明ぐらいは出さなくてはならないだろう。

「脱法ハーブ」を「違法ドラッグ」と言い換えて批判を逃れるなど児戯に類することで、この際、「向精神作用をもつ薬剤で社会が認めないもの」の一覧表をつくり、「麻薬取締法」で規制しないと、今はこのような科学的合理性をもった規制法も存在しない状態だ。

現在の日本社会は何事もバッシングされないか、不当に貶められないかとビクビクしているので、このような麻薬の問題を正面から取り上げる「勇気」すら無い。テレビで取り上げるように要請しても「そんな番組を組んだら、麻薬を容認しているように思われる」ということで躊躇する。

その躊躇こそが犠牲者を出している理由なのだが。




by nakatsukasadiary | 2014-12-27 23:29 | Comments(0)

2014年12月26日(金); 晴れ

 最低気温(℃) -1.8 05:51、最高気温(℃) 9.6 14:08
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.9(北東) 12:03
 きょうも冬日スタート。終日晴れも北方向からの風冷たく、10℃届かない
 ここのところ、東京の冬らしい晴れ天気続いている
d0051601_01594552.jpg
d0051601_01595245.jpg
d0051601_01562179.jpg
d0051601_01563127.jpg
d0051601_01540011.jpg

 理研の調査委員会が「STAP論文不正」について、調査結果を報告する
 小保方氏が冷凍保存していたSTAP細胞はES細胞であると結論。論文内実験でのSTAP細胞は、ES細胞が混入の万能細胞化確認であると
 論文には新たに2か所の不正確認。論文根拠のデータが存在しないとも
 杜撰な論文作成だったわけだが、何で高名な学者達が共著したのだろう
 小保方氏が研究者として不適格な行動した(適正と修行?不足)のは明らかだが、ES細胞の混入はどうして発生したのか不明だと言う。故意であればスッキリするのだが、でなければ何なのだろうとスッキリしない
 ES細胞は容易に入手できるものなの? 杜撰な研究室にはウヨウヨしてるとか?

by nakatsukasadiary | 2014-12-26 23:59 | Comments(0)

2014年12月25日(木); 曇り<>晴れ

 最低気温(℃) -1.0 05:44、最高気温(℃) 11.3 12:39
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 8.1(北北東) 14:46
 きょうも冬日ながら晴れ間もあり10℃超えも、北風が大変冷たい

 こんなニュースが
d0051601_01344290.jpg

 あの源福丸か?

by nakatsukasadiary | 2014-12-25 18:08 | Comments(0)

2014年12月24日(水); 曇り~晴れ

 最低気温(℃) -2.1 04:29、最高気温(℃) 11.6 14:28
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 3.9(東北東) 14:36
 きょうも冬日で、昼間は晴れ。気温も10℃超え

 午前中、いつもの理髪店までサイクリングし1080円散髪へ
 きょうは待ち客2名居て30分以上待たされる
d0051601_02061436.jpg
正午過ぎてしまう
d0051601_02062080.jpg
 前回同様に短く刈り上げ。少し寒いか…

 夕方から月例飲み会の「忘年会」で吉祥寺へ 
 中華料理コース飲み放題付で税込み3000円
d0051601_02145845.jpg
 料理ボリュームは少な目かも味はok、飲み物種類も豊富で満足
d0051601_02151298.jpg
d0051601_02150574.jpg
 福建省出身の看板娘もなかなか宜し
 T氏と昔懐かしのハモニカ横丁で二次会
d0051601_02172726.jpg
 W10に寄って帰宅。午前様にはならず
d0051601_02151999.jpg

by nakatsukasadiary | 2014-12-24 23:59 | Comments(0)

2014年12月23日(火); 晴れ

 最低気温(℃) -2.4 06:40、最高気温(℃) 10.8 13:58
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.3(西南西) 00:03
 きょうは明け方に氷点下、冬日になる。快晴冬晴れで10℃超え

 天皇誕生日のきょう、皇居では一般参賀が行われる
 一度は行って見たいと思ってるが、TVニュースなんかで見ると若干引く感じも

 夕方、年賀状投函と郵便物受け取りで三鷹郵便局へ



by nakatsukasadiary | 2014-12-23 23:49 | Comments(0)

2014年12月22日(月); 晴れ

 最低気温(℃) 0.3 07:07、最高気温(℃) 10.9 14:02
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 8.9(南西) 10:20
 きょうは終日晴れ安定の天気。まあ普通の冬天気

 きょうは冬至
 今年の冬至は、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれる特別な冬至
 新月と冬至が重なる年の冬至で、19年に1度訪れる
 古来、冬至は極限まで弱まった太陽が復活する日「復活の日」とされてきた。太陽と月の復活の日が重なる朔旦冬至の日は非常におめでたいとされ、朝廷では盛大な祝宴を催したと言われている
 冬至の時期は寒いから太陽が遠くにある様にもが、実は夏よりも太陽と地球との距離は短い。地球の公転軌道は楕円なので、太陽と地球との距離は年間を通じて変化、太陽が地球に最も近づく「近日点」は、1月上旬。冬が寒いのは、太陽との距離ではなく、太陽と地面が成す角度が小さいから。 光線が真上から来るよりも斜めから来る方が、光受ける面は暗くなる。太陽と地面が成す角度が小さいと、地面が太陽からのエネルギーを少ししか受け取れず気温も上がらない
 昼の長さが最短の冬至は、日の出が最も遅く日の入りが最も早いわけではない。地軸の傾きや、地球の公転軌道が楕円であることから、日の出が最も遅いのは冬至の半月ほど後、日の入りが最も早いのは冬至の半月ほど前だと
 何だ、宵闇時間はもうすでに後退しつつあったか

by nakatsukasadiary | 2014-12-22 18:59 | Comments(0)