<   2015年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2015年2月28日(土); 曇りー>晴れ

 最低気温(℃) 2.4 06:56、最高気温(℃) 11.7 14:52
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 9.3(北東) 10:55
 きょうも冬日にならない朝冷え込み、10℃超えの晴れて穏やかな日中


 きょうで2月もお仕舞い。この2月は28日がキッチリとカレンダー枠に収まった
 まあそれが、どうしたってか。ピシッとしてるも窮屈な感じする
 うるう年以外の3月は2月と同じ曜日並び。また金曜日の13日登場、非日常行動には要注意・環境条件確認


by nakatsukasadiary | 2015-02-28 23:44 | Comments(0)

2015年2月27日(金); 晴れ~曇り

 最低気温(℃) 1.8 06:41、最高気温(℃) 14.1 13:36
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 11.4(北北西) 21:33
 今朝はやや冷え込むも氷点上気温、晴れて気温上昇15℃に迫る
 午後から風強まり、寒さ感じる

 午後、所用外出。風が強まって来ていて、自転車移動には厳しい。予定半分で切り上げ、帰宅する
d0051601_22574985.jpg
d0051601_09353576.jpg
d0051601_09354200.jpg
d0051601_22575556.jpg

 川崎市の生徒殺害事件、ようやく少年3名が逮捕される
 が全員、殺害については否認している
 リーダー格の少年には「母と弁護士」が付いて警察出頭とは、親の状況認識・思惑に違和感ある
 親ならまず、子供に罪を犯したかどうか正直に答えさせることだろう。それが妨げられる社会的状況になった時初めて、援助の行動に出るべし。真実語るその前からガードに走るのは間違っている。出頭前の父親コメント「犯人ではない」は、どこから出て来ているのか、罪の重大さを考えれば盲信に走ってはいけない

by nakatsukasadiary | 2015-02-27 23:10 | Comments(0)

2015年2月26日(木); 曇り~雨~曇り

 最低気温(℃) 4.9 23:48、最高気温(℃) 8.0 00:20
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.1(北西) 12:01
 朝冷え込み無いも、きょうは気温上がらず。天気は曇りから雨に
 8.0℃最高気温は明け深夜の0時20分で、そこから下がり続け最低気温4.9℃が一日の終わり23時48分の4.9℃とは、普通・定常では無い。異常気象

 何故か歯科医院通院は天気に恵まれない
 正午からの歯医者予約は、雨の中徒歩急ぎ足で向かう
d0051601_21154632.jpg
d0051601_21155216.jpg
 きょうの治療は、左奥歯付け根側面の虫歯。麻酔して虫歯箇所削り修復剤で固める
 前回のチェックで、もう一箇所不具合あるということだった。次回はそこを治療と思ってたら、「では今回はこれで」と言われ、?なビックリ
” 左奥上の歯が穴あいているのは? ”
「治療したくなさそうだったので…」
” その時はそんな感じも。放置は悪化だけでしょうから、お願いします ”
「では次回予約で」
 被せ物の作り直し必要で治療面倒だとの嫌な顔してた。で、緊急性は無いから今回治療見送りの段取りだったようだ。これは微妙な展開だが、気になる状態なのでこの機に治療お願いっする
 前回のやり取りも難聴で、行き違いが在ったのかもしれない。何しろ大まかな感じしか聴き取れず、勘で解釈してるから。それに、声だけは大きくなっているようで、つぶやきのつもりがしっかり「主張」に聞こえているようだ
d0051601_21155879.jpg
 歯科医院の近くに、「鷹カフェ」がある
d0051601_21190958.jpg
 中には本物の鷹が居て、鑑賞するらしい
d0051601_21183809.jpg
 営業時間は鷹(鳥)に合わせての時間か。メニューもユニークな名前の物がある
d0051601_21265951.jpg



by nakatsukasadiary | 2015-02-26 23:58 | Comments(0)

2015年2月25日(水); 曇り<>晴れ

 最低気温(℃) 7.2 06:10、最高気温(℃) 12.3 14:27
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.4(東南東) 18:42
 きょうも暖かい朝に曇り勝ちの一日。で10℃超えそこそこに気温上がる

 川崎市川崎区の中1生徒殺害事件、なぜに犯人不良グループ逮捕遅れているのか
 人物特定し、任意事情聴取はしているらしいが
 被害者生徒の衣服が燃やされていた小公園、川崎大師からJR川崎駅までの途中にある
 何年か前、その付近ルートを歩いた。ちょっと古い感じ残る商店街がある地域だった
 被害者は大師中学校に通っていたと。大師様早く、犯人たちを自供・懺悔・改心させてください

by nakatsukasadiary | 2015-02-25 23:23 | Comments(0)

2015年2月24日(火); 曇り~晴れ~曇り<>小雨

 最低気温(℃) 8.3 07:49、最高気温(℃) 12.6 12:58
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.0(北北東) 15:58
 暖かい朝、も気温はそこから昨日ほどには上がらないが、10℃超え
 終日曇り勝ちな天気で、陽射しは午後にしばらく。夕方には小雨

 川崎の中1生徒殺害事件
 多摩川河川敷での犯行と見られているが、多摩川ももう河口域で川崎競馬場・川崎大師近くのようだ
 川崎市から、父親の漁師目指しIターンで5才で島根県隠岐諸島 西ノ島へ。その後両親は離婚、母親の出身地川崎に小6夏に戻って来たようだ。母子家庭で頑張っていたのだろうが、今年になって一度も登校してなく、不良グループとの行動・怪我被害も見られてたと。だのになぜ、このような展開を防げなかったものだろうか…
 犯行のグループが問題なのは言うまでもないが、家庭も学校も対応御座なりなんでない? 担任教師は携帯で電話を何度(30回ほど)もした、家庭訪問も5回したが誰にも会えなかったは、一ヶ月以上も不登校なのに、学校も家庭も地域も見守り役の大人の緊急危機感意識はどうだったのだろう
 彼は何故、年上の不良グループち付き合い始めたのだろう。島の小学校ではムードメイカー的存在で人気者だったとか。都会社会だからなのかの、何とも殺伐で心悲しい事件。IS(イスラム国)の拘束者処刑と同じ匂いする、理不尽・非社会的な残虐さ、神も仏もお助け出来なかったか、紙一重の事だったかもしれない
 

by nakatsukasadiary | 2015-02-24 23:58 | Comments(0)

2015年2月23日(月); 曇り~晴れ~曇り~雨

 最低気温(℃) 5.1 00:23、最高気温(℃) 18.3 14:55
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.6(北西) 16:19
 朝も暖かく、晴れ天気も手伝いてか、(南風でもないのに)気温がどんどん上昇
 最高気温18.3℃は3月下旬の気温

 午後に外出 ー> 何と、部屋より外の方が温かい
 3月下旬の暖かさ陽気で、街中では薄着の人も見かける
 まず、郵便局へ「本人限定受取郵便物」受け取りに
d0051601_02003407.jpg
d0051601_02000652.jpg
 午後3時過ぎには晴れ天気から曇りになり、その内急暗転で雨降りになる。危うく遭遇するところ買い出し数店回り終え、ギリギリセーフ帰宅
d0051601_02004468.jpg
d0051601_02005550.jpg
d0051601_02010078.jpg
d0051601_02010611.jpg
d0051601_02011162.jpg
 ここが最後の買い出し店
d0051601_02011661.jpg
 JRC前を通る
d0051601_02012159.jpg
d0051601_02014318.jpg
 帰宅時、マンションの集合ポストで破損トラブル
 応急手当てし、そのお宅に伺うも不在。管理会社に電話するも担当者不在
 管理会社担当者の帰社を待ち、事情説明し相談。管理会社でお宅連絡と事後対応してくれると言う。まあこちらに落ち度とも思えない破損トラブルも現場に居て関わりて、これは大助かりの管理会社対応

by nakatsukasadiary | 2015-02-23 23:45 | Comments(0)

2015年2月22日(日); 雨<>曇り

 最低気温(℃) 3.7 06:51、最高気温(℃) 6.7 15:48
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 4.4(北東) 13:23
 冷え込み無く氷点上の朝から3℃しか気温上昇しない、寒い一日
 終日小雨が降ったり止んだりの曇天で寒い

 歌舞伎俳優の坂東三津五郎さんが膵臓癌で亡くなられたの訃報
 59歳とは若い。「肺転移」あったとの情報も
「肺転移」か、まあ他人事とも思えないなあ
 私の場合、直近の
 PET/CT検査読影医の「肺転移疑い」コメント
 が癌治療主治医は「読み違いと思われる」コメント
 市の健診・胸部レントゲン検査読影医には「異常は見えない」コメント
 診る方法・見識により異なる見解で、戸惑うばかり
 実態つかみ切れないのが現実、まあそんな世界に今居るようで
 癌治療は厄介だねえ… 神頼み大師さま頼みですなあ…

 そう言えば、同年代の坂本龍一の上咽頭癌治療はうまく行ってるのかな

by nakatsukasadiary | 2015-02-22 22:22 | Comments(0)

2015年2月21日(土); 晴れ<>曇り

 最低気温(℃) -1.3 05:50、最高気温(℃) 9.9 14:12
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.1(南東) 13:30
 きょうはやや気温低め

 明け方に就寝、目覚めたらもう正午過ぎ
 昨日の深夜丑三つ時まで、飲んで歌ってのでお疲れちゃん、終日休養
 何年ぶりかのご乱行であった。昔は日常茶飯事だったなあ

by nakatsukasadiary | 2015-02-21 23:59 | Comments(0)

2015年2月20日(金); 晴れ<>曇り

 最低気温(℃) -0.7 04:44、最高気温(℃) 12.1 14:52
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 10.4(北東) 12:57
 10℃超えの晴れ天気で、日中は暖かさ感じる

 夕方から月定例の飲み会
d0051601_19124122.jpg
 2時間ほどで終了、一人二次会で数ヶ月ぶりのJAJAへ
 2月18日発売された「山口瑠美の新曲;呼子舟歌」がカラオケにある
d0051601_22162650.jpg
 早速オーダーし始まるも、まだ覚えていない->歌えないので映像観てメロディ聴いてるだけ
d0051601_23325523.jpg
d0051601_19164496.jpg
d0051601_19165091.jpg
d0051601_23330564.jpg
 うーん、カラオケビデオ登場は本人でないのが残念
d0051601_19172597.jpg
 気付いたら丑三つ時だった… 週末だからか、お客さん遅くまで結構居たからなあ
 にしても看板まで居てしまう悪い癖。3ヶ月ぶりかの超深夜酒
 日高屋に寄り、200円の小盛ラーメンを食して家路へ
d0051601_19173180.jpg
 もうっほっとんど朝帰りの時間帯

by nakatsukasadiary | 2015-02-20 23:59 | Comments(0)

2015年2月19日(木); 晴れ

 最低気温(℃) -1.2 05:47、最高気温(℃) 13.2 13:18
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.2(北北東) 12:20
 きょうも冬日ながら、朝から快晴・気温上昇暖かく快適な日中
 きょうから雨水入り、それらしい気候

 午後、衆議院予算委員会の国会中継を1chで観る
 民主党岡田代表が質問に立っているが、この方は進歩無いなあ…
 やはり民主党はもう駄目だな
d0051601_00165878.jpg
 麻生大臣、最前席で眠るなよなあ。ややっ、両隣りもそれっぽい
d0051601_00132857.jpg
 目をつぶってるだけだとおっしゃるんだろうが、いつもの国会光景

武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; これ見事な内容で、日本人の世界観特長を御意な解説されている。日本政府もこのオンリーワン特性を前面に、世界平和を人類的にリードしていくのが好ましい。好戦的な欧米・アラブ勢力に付き合うのも程々にしないといけない

立派なイスラム・豪快な日本(3) 日本人と宗教
イスラムについてはまだまだ整理しなければならないことが多いのですが、ここで「日本」をすこし考えてみたいと思います。日本人の宗教観についてはすでにこのブログでも出しましたが、「宗教を信じていますか?」という問いに「信じている」と答えた人はほんのわずかなのに、日本の宗教施設に関係している人は2億人と言われ、人口の約2倍です。

つまり「神様は信じないけれど、結婚式ではイエス様に愛を誓い、初詣には行くし、お葬式ではお坊さんにお経を上げてもらい戒名をもらう」というのが標準的な日本人ですから、こんな数字になるのです。

それでは日本人は本当に神様を信じていないのでしょうか? それなら、初詣で手を合わせたりしないし、手を合わせるときには多くの人は心の底から神様にお願いします。

でも、かくゆう私も「どの宗教ですか?」と聞かれますと、「その宗教にも属していません」と答えますが、「神様に手を合わせるとき、神様をバカにしていますか?」と言われれば「とんでもない。そんな罰当たりなことは考えません。真剣にお願いします」と言います。

つまり日本人は「神様はいないと思うけれど、いると思う」という心をもっているのです。でもこれは「日本人のいい加減さ」ではありません。

日本にはもともと「宗教」という言葉がなく、明治維新前後に欧米の書物を翻訳するときに、宗教という英語やドイツ語に相当する言葉がなく、やむを得ず作ったのが「宗教」という言葉です。

宗教の「宗」の時は「あまりに厳かで文字にすることができないこと」で、たとえば「神様の御技」のようなものです。だから「文字にできないほど尊いものを教える」という意味で、昔の人は偉いと思います。

日本では仏教に「宗門」という言葉があり、宗教に似ていますが、かなり意味は違います。でも日本には神道、仏教、そして一部ですがキリスト教もあり、「違う宗教があるな」という状態でした。それを日本人はどのように考えてきたのでしょうか?

農作業の時には神道の神様にお願いする。

新年のお祝いには神道の神様にお願いする。

●一般に、毎日の生活は神道の神様。

人が死んだり、死後の世界を考える時には仏教にお願いする。

病気になったり、危機が訪れると仏教にお願いする。

●一般に、生死や病気などは仏教。

結婚の時にはキリスト教の教会でイエスに愛を誓う。

恋人に思いを伝えるにはキリスト教のバレンタインデーを利用する。

仲間と遊ぶ時にはキリスト教のハロウィンを利用する。

●一般に、男女関係や遊びはキリスト教。

このように日本人は、「神様に分業をお願いする」というスタンスで、全ての神を受け入れ、半分は信じ、決して神様を裏切らず、どの神様も尊重するということをしてきました。それは決して「いい加減」ではなく、もっともっと深淵な理解力があることを示していますし、「戒律がいらない」というのも「四方が海」という生活環境にあると私は考えています。

日本人の宗教観については、さらに2,3回の整理がいりますが、このような日本人の考え方でイスラム教を見ると、すでにほとんど同じものが神道として日本にあるので、特に分業をお願いする必要はなかったことや、イスラム教には神道や仏教のように「中間管理職」がいないし、アラビア語を読むことができなかったというだけで、特にイスラム教を排斥しようとか、そういう意識は日本人は本来、持っていません。

私がこのシリーズに「豪快な日本」と付けた理由は、これほど宗教の本質を理解している民族は日本人しかいませんし、従って日本人はイスラム教に対して受け入れることができる民族であり、さらには、それを世界に向かって発信できる力のある国ともいえるからです。

世界がギスギスしている現在、「平和主義」を標榜している日本は宗教に対して

狭い了見を持った他国に、大らかで豪快な日本の宗教観を世界に発信すべき時でも

あります。そのためには、「原罪」、「一神教」、「お祈りと成就」、「最後の審判」のような厳しい宗教上の違いをよく理解しておく必要があると思います。

(平成27年2月18日)


by nakatsukasadiary | 2015-02-19 23:50 | Comments(0)