<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2015年6月30日(火); 曇り<>晴れ

 最低気温(℃) 18.7 03:33、最高気温(℃) 26.3 13:22
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.5(南) 00:01
 きょうは少しムシムシする夏日

 錦織圭、ウィンブルドン一回戦をフルセットで勝利
 東海道新幹線で、走行中車両内で焼身自殺
 箱根山で、小規模噴火
 明日、午前8:59'60のうるう秒を入れるらしい

 新国立競技場の建設問題
 どういうことなんかねえ。当初の誰も把握してなかったのか?
 いい加減な話だ。下村大臣のやる気とリーダーシップの無さには呆れる。新任の遠藤五輪大臣って大丈夫なのか?の印象だし
 森元首相はラグビー競技関係者(前**会長)でもあるから、前年のラグビーW-CUPに間に合わせたいだけのようだし。全体を見て仕切る責任者不在、情けない話だ
 大体が建設費かけすぎだろう、2520億円(依然予想レベル)なんて。デザインのせいだと下村文科大臣は、他人事のように喋っている
 
武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 歴史文書に真実が書かれているものでないし、「歴史に学べ」ってのも都合論(歴史論選択次第)。盛んに「正義の志」で動いたと持て囃す明治維新も、加飾?な部分多い。歴史は後に書き手都合の解釈(そう思いたい)で語られているものだ。ま年表はそれなりに史実に沿っているようだが

大きな歴史・小さな事件(2) 「陰謀」と「流れ」
歴史には大きな流れの裏に、ほぼ必ず「陰謀」、「感情」などがある。たとえば日本を戦争に追い込んだアメリカの脅迫の裏には、お金を求めるユダヤ資本の陰謀や、革命を意図するコミンテルン(ソ連)の陰謀があったとするものだ。

また、歴史の大きな流れの中には、***前女王は王位を継がせた息子の連れ合いとなった女を許すことができず***の挙に出た、というようなものも多い。

しかし、私は陰謀、感情などの歴史の裏側をあまり表に出すことをしない。人間の行為には陰謀や感情がつきもので、それは同時にあやふやなものであり、間違いも多い。そこで、「事実の裏にあるもの」はできるだけ触れず、「表だけ」で整理をしてみるのが私の流儀である。

アメリカが日本を脅迫した理由は、裏の事情から言えば、

1) ユダヤ資本の陰謀論、

2) コミンテルン(ソ連)の陰謀論、

3) ルーズベルト大統領夫人の人脈、

等が主要なものとしてあげられている。私の整理の仕方は、「歴史を正しく解釈するのは非常に難しく、事実はあまりにも多いので、むしろ大きな歴史をとらえるためには、表面的に出ているものだけで整理をしてみる」というものだ。

たとえば、アメリカが日本を脅迫したのは、「力のあるものは力の弱いものに無理難題を言ってもよい」が原因とおもう。また反対に日本がなぜアメリカを脅迫しなかったのかというと、日本よりアメリカが強いからとする、それが私の原因の整理の一つの方法である。

お金が儲けたかった、陰謀もあった、日本人も憎かった・・・それが底流にあったのだが、「強いものは何をしても良い。じゃ、しようか」というのがアメリカの動機であり、今の中国の南沙諸島で島を勝手に埋め立てて自分の領土にしようとしている根源だろうと思う。

その点で、議論が紛糾する陰謀論を少し後退させて、合意できる「表面に出ている明らかな事実」だけを取り出して、歴史の専門家でもない私たちが正しく歴史を知りたいと思う。

(平成27年6月28日)


by nakatsukasadiary | 2015-06-30 23:23 | Comments(0)

2015年6月29日(月); 曇り<>晴れ

 最低気温(℃) 17.3 03:06、最高気温(℃) 25.6 13:10
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.8(南) 17:11
 曇り勝ちも雨気配無く陽射しも、夏日そこそこで暑苦しさも無く結構な天気

d0051601_00595860.jpg
「禅林寺の鐘は自動機械が撞いている!」場面に遭遇、現場確認する
d0051601_00592659.jpg
d0051601_00593237.jpg

たまたま午後5時に居たので、目撃
何の気配(前雰囲気)も無く、突然夕刻の鐘「ゴーン~」

d0051601_00593972.jpg

兄妹っぽいこの二人

d0051601_11442806.jpg
通り掛かりの二人は突然の鐘の音に驚き、不思議そうに見回している
” ロボットが鐘を撞いてるみたいだね ”と言ってあげると
男の子「やっぱり、そうかあー」
d0051601_00594619.jpg
お坊さんの入るスペースない、自動機械撞き打ち確認
d0051601_00595253.jpg

d0051601_12101762.jpg

確認中にいきなり撞き棒(撞木)が動きを見せ、「ゴーン~」
やはり驚くねえ、直ぐ近くにいると
お坊さんが撞くのなら、その動き気配で” 来るぞ ”の心準備もあるが…
無人で、不気味と言えば不気味な光景(幽霊が…)

武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 御意。アメリカが何で新大陸なのか、西洋史で不思議に思ったものだ。強い” 物 ” に頼るのは生存本能? 生存競争って考え方も真理に通じるのかねえ… 現象観察に過ぎない。競うとか闘いは本能と言われるが煩悩でもあり、陥ってはいけないのだろう
 禅林寺の山門の内側にこんなのが掲げてある
d0051601_12091124.jpg

「解脱」した人物は煩悩から解放され、リーダー目指さないのだろうな…
リーダー人種はどこか血迷う感じあるは、そう言うことか?
困った仕組みの世界だねえ…


大きな歴史・小さな事件(1) 「力が強い」を覆した正義の戦い

180センチで筋肉隆々の男性は、いつでも150センチの優しい女性に乱暴して良いのだろうか? そんなことが「文明国」で許されるはずはない。でも、180センチの男性の方にも言い分がある。

「俺の方が強いんだ。強いのが弱い奴を自由にして何が悪い」という理屈である。人間が誕生したのは550万年前とされているが、その人間がある程度の集団を作るようになって、さまざまな矛盾が出てきた。それは都市ができはじめた1万年前ほどであると言われている。

強いものが強大な力を持ち、弱いものがその奴隷となり、強ければ弱いものを殺しても奴隷にしても良いという世界だ。実はこんなに野蛮な「身分制度」は動物のうち、もっとも「気高い」と言われている人間にしかない。他の動物はせいぜい、ボスがいるぐらいだ。

そして、私たちはアテネ、アレキサンダー、シーザー、チンギスハーン、ナポレオンを学び、「強ければ何でもして良い」という道徳をいやと言うほど叩きこまれる。日本人の多くが彼らを英雄と呼び、16世紀からの白人による有色人種の虐殺、征服を「大航海時代」と囃すのは、「強いものは何をしても良い」という強い洗脳を受けているからである。

それは1945年、第二次世界大戦の終わりまで続いた。日本は戦争に敗れたが、「たとえ死んでも、弱いものだから強いものの言うとおりにしなければならないというのではない」と世界に訴え、世界は日本人の310万人の犠牲を見て、「強いからと言って弱いものを好き放題にしてはいけない」という道徳律を認めた。

本来なら、アメリカン・インディアンが虐殺されている時に気がつかなければならなかったのだろうが、強いものに単に負けているだけでは大きな道徳は変わらない。180センチの男に押さえ込まれた150センチの女性は自らの命を失っても男の指を食いちぎらなければならないのだ。

かくして、世界は「力によらず独立する」という権利を獲得し、植民地はほとんどすべてが解放された。日本の戦争には若干の欠陥があるが、それより人類に対する巨大な功績を認めるのが「大きい歴史」を理解する私たちの知性である。

この知性に真っ向、反抗している反動勢力が二つある。一つはアメリカ、一つは中国で、ともに時代遅れだからまもなく衰退するだろう。アメリカのことはすでに多くの人が知っているが、中国が、第二次世界大戦の後、世界の植民地が次々と独立していくさなか、隣国だったチベット、ウィグル、内モンゴル、満州、そしてベトナムに侵攻し、今、また南沙諸島に向かっている。

中国は未だに「強いものは弱いものに何をしても良い」という考えだ。戦争で最大の功績のあった日本が、最悪の中国に頭を下げたり、その言うことを聞いたりするのは歴史の流れに逆行する。

(平成27年6月28日)



by nakatsukasadiary | 2015-06-29 23:45 | Comments(0)

2015年6月28日(日); 晴れ~曇り

 最低気温(℃) 18.6 24:00、最高気温(℃) 30.4 13:25
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 10.0(東) 15:23
 朝から快晴、気温上昇、午後早々に真夏日になる

 早朝、サッカー女子ワールドカップ2015なでしこJAPANが、1-0でオーストラリアに勝利。ベスト4に勝ち上がる
d0051601_01205981.jpg
 最終盤に大野に代わり投入の「岩渕真奈」が、岩清水からのこぼれ球を慌てずゴール
d0051601_01125096.jpg

d0051601_01124474.jpg

d0051601_01130759.jpg

d0051601_01215194.jpg

監督は、「(得点)まだかな、まな(真奈)かな、まなかな…」と思ってたとか
d0051601_01131364.jpg

 決勝ゴールした「岩渕真奈:リトル・マナ」、初々しい笑顔が良い感じ。彼女はチーム最年少、若い選手の活躍は良い流れだ。W-CUP初ゴールし、あと2試合のラッキーガールになりそう
 彼女は、お隣武蔵野市の関前SC少年・少女チームの出身だそうだ
d0051601_01215723.jpg

 キャプテン宮間も好い笑顔してる。あと2試合も期待できそう
 男子はW-CUP予選で情けない試合してるが、女子は頼もしい試合ぶりで良いねえ


武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 何かとブームにし儲けようとのマスコミ商業主義で、いい加減な情報も多い。縦割り行政が原因というより、行政に限らず携わる人々の我田引水意識による過ちだろう。女性はふくよかなのがよろしい
 生野菜もドレッシングまみれにまでしていただきたくない


健康を知る008 不健康な女性を作る縦割り行政
厚労省も医学会も縦割り行政で、日本人の健康を考えず、「自分の担当の病気を減らす」ことだけをやっている。だから、ガンになろうが感染症にかかろうが、熱中症で腎不全になろうが、血圧だけを減らせばと言うことになり、年齢に関係ない130などという奇妙な基準を出していたが、このことはすでに整理した。
確かに血圧を下げれば、脳溢血は減る。それが減れば厚労省の高血圧担当官、高血圧学会、それに降下剤メーカーは良いが、国民は苦しむ。
それと同じことが女性のメタボだ。「血圧は下げれば良い、体重は落とせば良い」ということになり、日本の女性は世界でももっともやせた女性になった。
ところが、フランスで「やせすぎの女性(BMI=18以下)はモデルになってはいけない」という法律が通り、罰金は1000万円という高額だ。もちろん理由は国民の健康を損ねるから。
そうなると、日本でも出羽守が出てくる。普段はなにも判断しないのに、アメリカやヨーロッパが何かすると「ドイツでは、フランスでは」と「では」を連発する人たちだ。
このブログに再々、出しているように日本の女性は世界でダントツに痩せている(表紙を見ると、各国の女性のやせ方の中で日本だけがぽつんと離れていることがわかる)。BMI=18以下というと、12%、東京の中心部ではさらにお役所の力が強いので、実に3割の女性がやせすぎ、罰金対象である。
やせている女性がガンやその他の疾病で死亡率が上がるのは当然だが、妊娠したときの在胎日数も短く、当然ながら出生児体重も軽い。本人ばかりではなく、次世代まで大きな影響を与える政策を政府が進めているのだ。
BMIは25ぐらいが良い。身長が160センチの女性なら64㌔、身長155センチなら60㌔程度だ。それ以上の25から30ぐらいがもっとも元気で、ガンも少ないとされる。つまり男性も好む「小太りの女性」が健康なのに、やれメタボだ、炭水化物を減らせとか、ひどい例になると、カロリーが少ない食事や塩分の少ない食事を「ヘルシー」と言ったり、生野菜が健康に良いなど支離滅裂だ。
出羽守も困るけれど、日本人が自らの判断力を放棄しているので、フランスの法律は参考になるだろう。それにしてもコレステロールや血圧に見られるように日本の縦割り行政で健康を指導するのは止めて欲しい。人間は人間なのだ。
お母さん、行政の指導ではなく、ご自分で娘さんの健康を守ってあげてください。
(平成27年6月26日)

by nakatsukasadiary | 2015-06-28 23:38 | Comments(0)

2015年6月27日(土); 雨~曇り

 最低気温(℃) 19.9 05:50、最高気温(℃) 24.0 13:21
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 3.6(北北西) 06:34
 梅雨空の一日

 雨は明け方までで、午前中から終日時折りパラパラ雨粒の梅雨
 雨はもう大丈夫かと昼食がてらに、食料買い出しをきょうはクリアする

d0051601_01121591.jpg
 うーん、この評価食はまだまだだ。丼のご飯が口内まとわりつき、喉に押し込むので精一杯で、味わえない
d0051601_01122165.jpg
 武蔵境の業務スーパーで、お目当ての朝・昼食用食料など購入
d0051601_01122666.jpg
d0051601_14374982.jpg
 三鷹のウェルシアで、おお目当ての牛乳パック2個確保(残り4点、危ないところギリギリセーフ)
d0051601_01123302.jpg



by nakatsukasadiary | 2015-06-27 23:00 | Comments(0)

2015年6月26日(金); 曇り~雨

 最低気温(℃) 19.9 03:50、最高気温(℃) 24.8 11:49
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.9(南) 13:45
 午前中から梅雨の雨降りになり、降り続く
 気温も上がらず、夏日寸前まで

 雨が早く午前中に降り出し、次第に本降りとなり、買い出しお出掛けタイミングを逸する。もうきょうは駄目、家に在る物で我慢の夕食だなあ
 まあ買い置き食料の整理にはなる


武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; これも御意。わあわあ騒いでいるだけの政治家、評論家、マスコミは要らん

平和憲法を考える(2) 自衛隊も違憲と言ってくれ!

かつて、自衛隊は違憲だった。そして日本社会党は「自衛隊は違憲で合法だ」とわけの分からないことを言って没落した。しかし、その後、長い年月を掛けて、どうも「平和憲法の下でも、自衛隊だけは共存できそうだ」ということで、自衛隊の方には悪いけれど、やや控えてもらって日本の防衛を頼んできた。

これは日本流の知恵かも知れないし、あのうるさい中国や韓国すら「日本は平和憲法なのに自衛隊がいるのはケシカラン」とは言ってこない。内政干渉という点では靖国参拝の方がずっと個別の問題であり、内政干渉だが、自衛隊については非難しない。

このような状態の中で、憲法9条は自衛力を否定していない(国家の存亡が危うくなっても自衛権もないとは規定していない)と解釈してきた。条文から言えば無理のように思うが、憲法の解釈も国民が決めるのだから、それで良い。現在は明確に「憲法9条は自衛隊を否定しない。自衛隊は軍隊で「自衛隊」という名前の軍隊だ」ということで解決済みである。

日本の周りに、中国、北朝鮮、ロシアなどの好戦国がいなくなれば、自衛隊もなくなるかも知れないが、現在のように中国が好戦的の場合は軍隊は仕方が無いと国民は合意している。これだけ繰り返し選挙があり、あまり争点がないときでも自民党が政権を持っているし、民主党、維新などの主要政党も自衛隊を合憲としているのだから、すでに「事実」であることは間違いない。

「戦争はダメ」と言っている人は「自衛隊という名の軍隊は良い」のだろうか「悪い」のだろうか? 戦争はダメは合意できるから、今回の集団的自衛権のことで反対している人たちは、まず「自衛隊は良いのかダメなのか」を明らかにしなければ議論にならない。良い悪いではなく、まずは意思を示さなければ民主主義にはならない。

(平成27年6月25日)




by nakatsukasadiary | 2015-06-26 18:02 | Comments(0)

2015年6月25日(木); 晴れ<>曇り~曇り

 最低気温(℃) 20.0 22:30、最高気温(℃) 29.2 13:14
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 8.0(南東) 14:18
 きょうは曇り勝ちながら、昨日同様真夏日気温目前になる

 最高気温記録の時間帯から数時間後、外気熱が壁から伝わり屋内にくる夕方に、室内気温は最高になるようだ
 息苦しさもの室内29℃超え暑さに対策、まず小型扇風機稼働で

d0051601_10581037.jpg
  おおこれは!良い感じに空気流れ、息苦しさ消える。そうだった?の意外にも効果十分なり
 この空冷でしばらくは行けるか、扇風機は消費電力20W台で好ましい

d0051601_11013467.jpg

 このお天気姉さん、マイク密着し過ぎ
d0051601_10505353.jpg

大きなご飯つぶやねえ…、かなりな残念さ

d0051601_10504634.jpg


武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 御意。村山氏・河野氏は誠実に見えるが、実体は狭視野で偏向している。戦争終結を躊躇し、国中悲惨に追い込んだ太平洋戦争末期の首脳部と同じで、愚図愚図で意気地も無い。あの自民・社会・さきがけ連立内閣自体、変節の塊で無節操無責任政治・土下座外交の始まりだった

平和憲法を考える(1) 「戦争はダメ」はそろそろ止めたら・・・


(今こそ、40歳代のお父さん、お母さんが子供のために議論を尽くすべき時期だ)

よく「戦争はダメ」という人がいる。やや女性に多いけれど、男性でもどちらかというとインテリ層に目立つような気がする。でも「戦争が良い」と言っている日本人はいるだろうか?

私の感じでは、日本人の99%は「戦争はダメ」としていると思う。でも自衛隊は日本人の70%以上が「必要だ」というだろう。自衛隊は戦争のための組織だから、自衛隊が良くて戦争がダメというのは矛盾している。

そんな無責任で矛盾したことを言い続けている人の一人に「村山首相」がいる。社会党の党首だったが自民党と組んで政権を取って首相になり、シーレーンの防衛を主張した。今の集団的自衛権よりずっと「軍事より」である。その人が日本の戦争責任を認めるという間違った談話を出し、今でもそれを主張している。

日本は「平和憲法」、「自衛隊」、「アメリカ軍との集団的自衛」の3本の柱でやってきた。それぞれ矛盾はするし、私自身の考えとは少し違うが、それでも60年間の間、日本人が選択してきたのだから、それを尊重しなければならない。

「平和憲法」というのは簡単に言うと「戦争はダメ」で、それは合意している。「自衛隊」は「それでも自衛のための軍隊は仕方が無い」ということだ。国民もやや辛いけれど、あまり歓迎されない状態で厳しい任務をしてきた自衛隊の方には申し訳ない状態だ。さらに「アメリカ軍」は「集団的自衛」である。

日本では「戦争は絶対ダメ」、「自衛の軍隊はOK」、「集団的自衛権」の3つはすでに国民の合意が60年も続いている。今更、集団的自衛権がないというなら、アメリカ軍に言って(アメリカ軍がそれを聞くかどうか、日本が独立国かどうかは別にして)出て行ってもらうしかない。

アメリカ軍が出て行けばオスプレイのない沖縄は尖閣列島を失い、石垣島も危ない。でも、それも含めて日本人が独自に判断すべきことで、それに比べれば、現在の集団的自衛権の問題はこれらの大問題に比べれば小さい。今の憲法改正議論は、日本列島はアメリカ軍との集団的自衛権で守るが、遠いところは日本は日本に関係があっても協力しないということで、ややわがままな感じがする。

私は個人的には憲法を改正するのを支持するが、日本人の多くが、「平和を求めるが、自衛の軍隊と、必要な集団的自衛(軍事同盟)は認める」ということであり、それが「現状」で、「戦後60年、日本人が合意してきたこと」という「事実」は皆で合意できると思う。

事実を合意できなければ、その後、「現状をどうするか」という議論に進む方法はない。


by nakatsukasadiary | 2015-06-25 23:59 | Comments(0)

2015年6月24日(水); 晴れ

 最低気温(℃) 16.6 03:26、最高気温(℃) 29.7 14:08
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 8.1(南) 17:23
 朝から快晴、好天で真夏日に切迫の29.7℃。陽射しも強い

 中野駅前再開発地域の「中野セントラルパーク」でk氏とランチ予定
 自転車で中野まで出かける。陽射し強くジリジリ。なるべく中央線高架下の通路を行く(走行;11.86km、52'38)
d0051601_11181475.jpg
「中野セントラルパーク」は東京警察病院に隣接する場所で、数年前に何度か通った病院の駐輪場をお借りする
(当時の写真見ると、イースト・サウスの建物はもう形あるもエリア工事盛り)
d0051601_10185927.jpg
  
d0051601_10190776.jpg
 こちらの方向が「中野セントラルパーク」
d0051601_10191206.jpg
 東京警察病院敷地を出て
d0051601_10192422.jpg
 野方警察署をやり過ごし
d0051601_10193118.jpg
 この信号渡れば「中野セントラルパーク」
d0051601_10194215.jpg
 まず、中野四季の森公園に入る
d0051601_11590314.jpg
d0051601_10195968.jpg
d0051601_12583072.jpg
このエリアには、綱吉時代には「犬屋敷」、戦争時代には「陸軍中野学校」

2011年12月17日にはこうだった
(野方警察署建物は未だ見えてない)
d0051601_23202628.jpg
今はこう
d0051601_10200403.jpg
d0051601_10205246.jpg
d0051601_10201115.jpg

d0051601_12004258.jpg
d0051601_12020154.jpg
d0051601_10201882.jpg
d0051601_10202574.jpg
この2Fのお店テラスで待ち合わせの段取り
d0051601_10203284.jpg
キリンHDの本社がサウスにある
(このエスカレータはビジネス棟専用で、レストランには行けない;確認済み)
d0051601_10203617.jpg
広くて案内標識少ない、目的のお店になかなか近づけないも何とか到着
サウス2Fの「バル コングレッソ」で、サラダランチとビール
(テラス席所望したが、午後2時からだと。景色良い窓際の席に行こうとしたら、「2名でしたら、ダメです。2名席でお願いします」と。まあ?厳しいねえ)
d0051601_10204204.jpg
ランチ終え
d0051601_11084954.jpg
d0051601_11090274.jpg
ランチ時お客さんほとんど女性で、I氏好みであろう
d0051601_11061066.jpg
パークアベニューには移動弁当売り車両充実
d0051601_11062216.jpg
d0051601_09531914.jpg
中野駅北口の飲み屋街へ移動
d0051601_11063948.jpg

d0051601_11064848.jpg

d0051601_11190930.jpg

 商業施設視察
d0051601_11070031.jpg

d0051601_11070540.jpg

d0051601_11071095.jpg

 台湾料理屋で、しばし昼飲み休憩歓談
d0051601_11071919.jpg
このお店で、大きなネズミが足元を走り抜けビックリ
真昼間の飲食店内だよ!
最初子猫?と思ったが、細長シッポで気付く” まさか!ネズミじゃん!! ”
 k氏と顔を見合わせ、” 見た!? ” 「見た」
明るく小奇麗な店内なのに、中野の飲み屋街ってこうなの?


 
 歓談後、駅前で見送り、私は休息がてら「中野セントラルパーク」戻りで警察病院駐輪場まで散策
d0051601_11140511.jpg

d0051601_11141510.jpg

d0051601_11142109.jpg

JRC本社は今、この建物3,4Fにある
d0051601_11142521.jpg
午後の中野セントラルパーク光景
d0051601_11144678.jpg
多分
多分、ここは違法駐輪(子供連れママ達、団結し強引)
d0051601_11150792.jpg
d0051601_11145161.jpg
d0051601_02002458.jpg
d0051601_11145606.jpg
暑いので、水溜め施設が繁盛
d0051601_11151716.jpg
d0051601_11153366.jpg
明治大学、帝京平成大学のキャンパスなど文教施設もある
d0051601_02005256.jpg
警察病院駐輪場も繁盛、多分公園客も止めている(無料だから)
d0051601_11154752.jpg
 懸案の難聴快方へ、O氏お薦めの「漢方薬」を購入する
(中野新井の漢方薬店)
d0051601_11155546.jpg
d0051601_11281938.jpg
d0051601_11284228.jpg
d0051601_11161070.jpg
 難聴にもハチの子が効くらしい
d0051601_11344196.jpg

by nakatsukasadiary | 2015-06-24 23:59 | Comments(0)

2015年6月23日(火); 曇り<>晴れ~曇り~雨

 最低気温(℃) 18.9 23:02 、最高気温(℃) 29.1 13:34
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 9.1(南西) 14:07
 午前中から暑さ、10時過ぎには夏日、午後には真夏日寸前29.1℃
 深夜には冷たい風と共ににわか雨

 関東各地で荒れ模様の天気になる。先日来の寒気の流れ込みの影響だと
 梅雨前線は下がっていて、梅雨の雨ではない

武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 武田さんだけではない、私も若い頃から長くそうだった。電子機器(回路)業界は猛烈な日進月歩でIC化→LSI化→CPU化、付いていくのも大変だが回路設計も新手法で面白かった時代。労組には注意も受けたが、深夜残業も休日出勤もかなりサービス処理してた。が、ちっとも苦では無かった、職場で仕事(問題)をクリアする楽しみの方が勝ってた

人生を知る(4) そんなの、武田さんだけだろ?
「仕事が楽しい」と言うと、「そんなの、武田さんだけだ。気軽な仕事をしていたからで、俺たちの厳しいのを知らない」という反論が来る。

それこそが「罠」なのだ。次の二つを紹介したい。

【日本】

「若干の大商人だけが莫大な富を持っているくせに更に金儲けに夢中になっているのを除けば、人々は生活のできる範囲で働き、生活を楽しむためにのみ生きている。労働それ自体が最も純粋で激しい情熱をかきたてる楽しみだった。

職人は自分の作るものに情熱を傾けた。彼らはその仕事にどれくらいの日数を要したかでも、商品価値を与えたときではなく、自分が満足できるまでやって仕事を止めるのである。」(スイス人が見た日本人の仕事の感想)

【ヨーロッパ】

「労働者には湿っぽい住宅、床から水があがってくる地下室、天井から雨水が漏ってくる屋根裏部屋が与えられる。彼らは粗悪でぼろぼろになった衣服と粗悪で混ぜものをした消化の悪い食料しか与えられない。

彼らは野獣のように追い立てられ、休息もやすらかな人生の楽しみもない。性的享楽と飲酒の他にはいっさいの楽しみを奪われ、酷使される。」(日本の幕末期のイギリスの労働者)

日本は戦争まではやや日本的労働が残っていた。それは情熱をかき立てるものであり、日本人の生きる喜びでもあった。しかし、徐々にヨーロッパ型になり、今日の派遣労働者の問題へとつながっている。

武田の仕事がまれだったのではなく、それが日本人全体だったのだが、少しずつ減ってきて今や絶滅しかかっている。多くの人は「労働は苦痛なのだから」とあきらめ、経営者は「(かつてのイギリスのように)労働者は人間ではない」と思い始めている。

そして「仕事は楽しみだ」という私をバッシングし(バッシングされるのは平気だが)、悪い方に荷担しているように私には感じられる。みんなで悪い方に行かずによい方に戻るほうが良いのにと思う。

(平成27年6月23日)


by nakatsukasadiary | 2015-06-23 22:57 | Comments(0)

2015年6月22日(月); 晴れ<>曇り

 最低気温(℃) 16.9 02:02、最高気温(℃) 26.7 14:24
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.2(南南東) 18:11
 きょうも梅雨曇り天気ながら陽射しもで、夏日になる。かなり蒸し暑い
 
 きょうは夏至
 夕方、その御利益感じるのを忘れうっかり寝入る。目覚めたらもう夜入り7時過ぎ
 がまあ、日の入り時刻は7月6日まで東京は19:01台。日の出が少しずつ遅くなるも、明日も同じ4:25、明後日4:26、7月6日4:30。せわあない

 近くの公園(井の頭恩賜公園西園拡張部)を通り掛かると、こんな光景が

d0051601_00285561.jpg
 小さな子供を連れてママ友たち(パパも見かける)が集まる遊具エリアの端っこ(出入り口)で、ご高齢の婦人たちが、訴えている「戦争はイヤです(アジ演説付き)」
d0051601_00283174.jpg
警備の若いお兄さんに何かチェックされている様子
d0051601_00261702.jpg
d0051601_00291062.jpg
d0051601_00291739.jpg
d0051601_00292430.jpg
d0051601_00453877.jpg

まあいいかぁの感じ

d0051601_00452993.jpg
d0051601_11545769.jpg
 戦争経験者達であられようか… 憲法改悪ゆるさない有志とある
「戦争はイヤ」には誰も異論はない。かと言って、いつまでも「自衛隊」の存在意味(現憲法の適正確認)を曖昧にしてはおけない

 先日の不気味な廃墟然光景、どうも不思議なので、じっくり確認してみた
d0051601_00300274.jpg
 この207建物は顧客との納品保守契約期間があり、最後に整理されるようだ。建設当時、三鷹で最も高い建造物だった。最上階7階は退職前の職場で、窓からは富士山も見える
d0051601_00303092.jpg
ツタと見た物は、沢山並べて植樹?された「あすなろ」の細い幹だった
d0051601_00303578.jpg
 外壁沿いに植樹?した木壁の一部を剪定「刈り上げ」た姿だった

 牟礼公団のバス停周辺もまるで様変わりしている
d0051601_09503694.jpg
d0051601_09502812.jpg
d0051601_01291640.jpg
きょうの禅林寺
d0051601_00304794.jpg

d0051601_01292726.jpg
19日開催されたであろう「桜桃忌」の名残り?
d0051601_00305608.jpg
d0051601_10085217.jpg
たくさんの石の造形物
d0051601_01293721.jpg

d0051601_01373425.jpg
d0051601_01294225.jpg
d0051601_01375086.jpg
d0051601_01380442.jpg
d0051601_01294912.jpg
d0051601_01295523.jpg



by nakatsukasadiary | 2015-06-22 23:18 | Comments(0)

2015年6月21日(日); 曇り

 最低気温(℃) 18.1 23:58、最高気温(℃) 22.4 12:26
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.3(南) 17:05
 暖かい朝から南方の風も、終日梅雨曇り天気で気温上がらず梅雨寒モード

 スッキリしない天気のまま一日終わる
 どんより曇り空模様に連れられて、どんより家に籠る日曜日に

by nakatsukasadiary | 2015-06-21 23:59 | Comments(0)