<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2015年8月31日(月); 雨<>曇り

 最低気温(℃) 20.2 05:25、最高気温(℃) 23.5 15:38
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 3.4(北北東) 00:19
 きょうも冴えない曇天時折り雨天気、20℃近辺~夏日気温手前

 秋雨前線に居座られているのだと、まあそういう事なんだろうねえ
 4日連続の夏日届かず気温
 残暑、今一度しばらくは味わいたいがねえ…

 午後4時からのある契約調印で外出
 必要な証明書発行で駅前の市役所分室へ
d0051601_16365391.jpg
 と、住民票だったか印鑑証明書だったかうろ覚えに気付くと言うか、確信出て来ない、こない… 窓口のお姉さんに
” **契約で必要なのはどっちかな? ” と聞いてみるが、まあ無理ある質問
「存じ上げません」は当たり前か
 仕方ないので確認に、急遽自宅に引き返し資料を見る。印鑑証明書じゃん、再び市政窓口へ行き自動発行機で員数2枚
 約束時間に少し遅れてしまう。難聴きょうもなのだが、文書確認・押印だから問題無い

 8月末日、ツルここまで
d0051601_16370621.jpg
d0051601_16364408.jpg


by nakatsukasadiary | 2015-08-31 23:27 | Comments(0)

2015年8月30日(日); 曇り<>雨

 最低気温(℃) 19.9 02:39、最高気温(℃) 21.5 15:00
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 3.7(北) 21:58
 きょうも一日20℃辺りウロウロ低気温、曇天雨降ったり止んだり
 夏日にもならないのだから、8月末とは言え未だ8月、寂しくも感じる

 どうなってんだろねえ本当に、この気候。3日連続夏日に届かない冷たさ、元気無くなるねえ、涼しいとは違う冷え冷え感覚

 国会議事堂前での「安全保障法制案反対」「戦争反対」「安倍政権反対」などのプラカード・旗・横断幕を掲げて、12万人?デモ
d0051601_13321131.jpg
 参加者に緊張感は無い、イベントに来ている風情。何か主張してるが、問題の本質を理解し解決策を持ってる人達には見えない
 あれ!? 坂本龍一がマイク持って何か演説(アジり?)してる
d0051601_13321635.jpg
d0051601_16370025.jpg
 上咽頭癌の治療はもう終わっているだろうが、口内事情や経過はどうなんだろう
 まあ、大人しくしてるのが良いのじゃないかなあ、まだ部分寛解の時期だろうし
 こういう場で、何を訴えてるか正しく伝わるとも思えない。彼は危険な核利用には反対だが、安保法案・戦争には反対なんだっけ?
 実体のない、情緒・雰囲気に流されたムーブメントに文化人が無責任に参加するのは良くない。1年以上前にもやってた記憶あるが、継続はしないで今頃再開? これでは趣味レベルではないか。平和ごっこに乗せられているお調子者で、情けない

by nakatsukasadiary | 2015-08-30 23:59 | Comments(0)

2015年8月29日(土); 雨<>曇り

 最低気温(℃) 19.0 07:34、最高気温(℃) 21.4 17:06
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.2(北) 14:47
 曇天雨模様に、8月にしてはの低気温20℃前後で一日過ぎる

 朝から小雨模様で、11時から予定のテニスは中止
 ここのところ、予報より低い気温が続いている。残暑で過ぎゆく夏を惜しむ気分に浸りたいのに、冷え込みで暗然たる気分の憮然様。この気温に曇天で陽射しないと、不思議なほどいつまでも眠れる

「維新の党」が分裂する気配に
 昨日橋下氏は「党は割らない」と言ってたようだが…
 まあ、この人達も烏合の衆だったようだ。まとめる知恵者もおらんのだなあ、大義も何も解ってないブームに乗じたお調子者の集団のようだ
 政党ごっこ、政治ごっこを国税で楽しんでいるだけだ。何の志も期待する展望も感じられない


武田邦彦ブログから本日アップの評論 ; 「虚勢された徳」かあ、分かるような解らんような。まあ狭視野で無責任に、世間を騒がせている輩は多いのは確か

補・温かい人生(2) 日本陸軍と知識人

安保法案が衆議院で可決された後、まだ大学教授、大学生、そしていわゆる知識人を中心として「反対運動」が残り、国政が混乱している。

これほど奇妙なことはない。民主主義というものは一定の手続きをもっとも大切にするものであり、たとえ安保法案がかなりの問題を含んでいるとしても、そのために私たちは民主主義や政治活動の自由を失うわけにはいかない。

安保法案は、2012年の総選挙における自民党の公約・自民党圧勝→2014年7月の閣議決定(憲法を改正せずに集団的自衛権拡大)→2014年12月総選挙・自民圧勝→2014年7月衆議院可決→反対運動激化・マスコミも反対にまわる、という経過をたどってきた。ほぼ100%、民主的手続きをとってきた。

それにも拘わらず、「衆院審議中に憲法学者3人が「違憲」といった」、「初めて政治に口を出してよいことを知った(大学生)」、「集団的自衛権は賛成だが、安倍政権の下では反対(民主党)」など民主主義を崩壊させる理由で、こともあろうに大学教授、大学生、そして知識人、マスコミが反対している。

・・・・・・・・・

旧日本陸軍は上意下達の典型で、自由も民主主義もないとされているが、「マレーの虎」と呼ばれ、陸軍大将だった山下奉文さんはその遺書で、日本陸軍の欠陥は自由な議論がされなかったことを反省し、次のように言っている。

「自由なる社会に於きましては、自らの意志により社会人として、否、教養ある世界人としての高貴なる人間の義務を遂行する道徳的判断力を養成して頂きたいのであります。・・・(中略)・・・

従順と貞節、これは日本婦人の最高道徳であり、日本軍人のそれと何等変る所のものではありませんでした。この虚勢された徳を具現して自己を主張しない人を貞女と呼び忠勇なる軍人と讃美してきました。そこには何等行動の自由或は自律性を持ったものではありませんでした。」

日本の問題は、「虚勢された徳を具現して自己を主張しない人を貞女と呼び忠勇なる軍人と讃美してきました」ということに尽きると残している。まさに、現代の安保法制の反対運動や民主党というものの存在は、「虚勢された徳」としての「日本の空気と見かけ良心的と思われる言動」を具現して、「決定時に自己を主張しない」ことを賛美するということで、衆議院通過後の安保法案の反対運動がそれを象徴している。

なぜ、これが「温かい人生」に関係するかというと、「自分で考えたこと、自由な発言、合意された手続き」でことが進めば、陰謀も減り、突然バッシングを受けることもなく、明るく気軽な生活を送れるからだ。

現代の日本に「辛くないのに辛い人生」が多い一つの原因が、この安保法案反対にみられるように「闇でうごめく論理」が闊歩していることに他ならない。会社でも学校でも「会議では発言せず、個人の飲み方で細工する」という人が増えると、みんなが不幸になる。

かつて「貞女」と言われた淑女が陰でなにも言わなければよいのだが、表面で発言せず、自分の意思を表明しないので、陰や井戸端で大いに他人を批判するということがあった。それが自由で明るい日本社会を壊していることは確かで、その結果、辛くないのに辛い目にあっている人が多い。
現在の安保法案の反対をしている人は、「自分がイヤなら陰でもイジメる」という考えだから、なにか正当なことを言っているようでまさに「虚勢された徳」を言って社会を暗くしている。

(平成27年8月29日)
 


by nakatsukasadiary | 2015-08-30 09:24 | Comments(0)

2015年8月28日(金); 曇り<>雨

 最低気温(℃) 19.8 24:00、最高気温(℃) 23.2 11:49
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.5(北東) 06:08
 曇天雨空、気温上がらず夏日にも成らず

 夜、月例の飲み会。吉祥寺「清龍」で; 新サンマのお刺身食す
d0051601_13314973.jpg
d0051601_13315943.jpg
 JAJAに立ち寄り、いつもの午前様
 何だか疲れてて(当たり前、写真時刻午前3時過ぎ…)珍しくタクシー利用、何年ぶりの事だろう?
d0051601_13320488.jpg

by nakatsukasadiary | 2015-08-28 23:59 | Comments(0)

2015年8月27日(木); 曇り<>晴れ<>小雨

 最低気温(℃) 19.8 05:38 、最高気温(℃) 28.4 14:17
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.8(北東) 20:35
 きょうは夏戻る感あるも、夏日止まり
 曇り勝ち天気に湿度高く、夏日気温でも蒸し暑さはあり

 夕方、買い出しで外へ出る
 自由研究で観察してるツル植物はこれ
d0051601_11113054.jpg
d0051601_11142671.jpg
d0051601_14432824.jpg
 禅林寺
d0051601_10593167.jpg
 きょうはコープで
d0051601_11074982.jpg

 世界陸上生中継の6ch、よく連日ゴールデンタイムにダラダラと流しているもんだ
 見どころはいつも後半で、盛り上がりも無い競技中継
 ボルトが200mも優勝。しかし以前の衝撃的な走りは出て来ない
 番組MCは相変わらずのお二人コンビ。悪くはないが、もう惰性感ある
 ホストの彼の名は織田裕二だっけ?
 最近見かけないなあ、役者さんだよなあ。普段何してんだろう

by nakatsukasadiary | 2015-08-27 23:59 | Comments(0)

2015年8月26日(水); 曇り<>雨

 最低気温(℃) 16.9 06:17、最高気温(℃) 20.3 23:15
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.3(北北西) 13:16
 きょうも夏とは思えない気温の一日に

 猛暑から解放され過ぎの涼しさ→寒さ
 終日10℃台気温で、深夜に20℃を僅かにはみ出る最高気温を記録するのがようやく。半袖では風邪引きそう。クーラー要らなくて結構だが、窓開けてると冷気で寒いから窓を閉め切る始末
 どうなってんだあ。10月中旬の気温なんだと

武田邦彦ブログから昨日アップの評論 ; そうなんだろうなあ。江戸時代のお殿様より快適な生活してても、普通だから不満? 快適さに幸せがあるわけではないのだろう

温かい人生 その2 欲深くなった私たち
「辛くないのに辛い人生」になるのはなぜでしょうか? 今日の話題はその1です。

19世紀のはじめ、今から200年ほど前のことですが、ヨーロッパの白人は力があまって世界中に軍隊を送り、次々と有色人種の国を侵略して植民地にしていました。

しかし、日本は「東のはずれ=極東」にあってなかなかそこまでは到達しませんでした。そしていよいよ幕末に鎖国が解け、白人の人たちが日本に来てみるとビックリ仰天したのです。当時の記録をちょっと見てみます。

「彼ら(日本人)は皆よく肥え、身なりも良く、幸福そうである。一見したところ、富者も貧者もいない。これがおそらく国民の本当の幸福の姿と言うものだろう。私は、日本を開国して外国の影響を受けさせることが、果たして日本人の幸福を増やすことになるかどうか疑わしく思う。

質素と正直があれば黄金時代を築けるとしたら、どの国よりも日本がその典型的な社会だろう。生命と財産の安全、人々の質素と満足は、現在(幕末)の日本のはっきりした姿であるように思われる」

当時の日本は、安全な社会で生命と財産が保証されていて、その中で「質素」を「満足」としていたので、日本人はみんな幸福そうだったと言っているのです。

さて、表紙のほとんど見えないほどの小さな字で書かれているグラフをザッと見てもらいたいと思います。このグラフは、一日が終わる時に「今日は良い日だった」と思った人の割合を青い棒グラフで示しています。

d0051601_22085976.jpg

グラフの上の方、つまり「今日は良い日だった」というのが多い国は、アフリカや南アメリカの国がほとんどで、先進国ではアメリカが13番目、イギリスが22番目です。

そして目をグラフの下の方に移してもらうと、極端に「良かった」という人が少ない国があります。つまり最下位の国、それがなんと日本なのです。この調査によれば「今日は良かった」と思う人がたった8%!!?? その一つ上が残念ながら韓国で9%。これほど不満持ちな国が隣り合わせになっているのですから、歴史認識も問題になるはずです。

つまり、日本は気候が良く、山紫水明、四季折々の自然に囲まれて命の危険を感じることもありません。その上、治安は素晴らしく(世界で10万人あたりの殺人件数が0.6人と世界最低)、女性でも夜一人で歩ける珍しい社会です。それに、所得、寿命など生命財産に関係するものも世界のトップですから、素晴らしいのです。

そしてかつての日本人はそれで満足して「不満なし」だったのですが、今の日本人は不満だらけということです。江戸時代と比較しますと、現在の日本は、所得、生活レベル、健康、寿命などあらゆる点で「幸福に生きることができる環境」にいます。それでも世界で最も不満の多い民族ということになるのです。

つまり、日本人の不満は「事実」ではなく「作られたもの」、「幻想」であることが分かります。

(平成27年8月23日)


by nakatsukasadiary | 2015-08-26 23:59 | Comments(0)

2015年8月25日(火); 曇り~雨

 最低気温(℃) 17.8 24:00、最高気温(℃) 22.1 11:38
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.6(東北東) 09:57
 陽射し無しの一日、夜には雨。朝の低い気温のまま夜まで、夏日にも届かない最高気温22.1℃。深夜になり気温更に低下、17.8℃の最低気温は24:00

 涼しい!と言うか、寒さすら感じる天候になってる。台風15号の影響も?
 台風15号が朝から九州・中国地方を襲う。昨日の朝居た防府市でも暴風雨になり、街路樹は倒れ停電もしているとニュースが伝えている
d0051601_03062850.jpg
d0051601_02572841.jpg
d0051601_02574501.jpg

d0051601_02581956.jpg
d0051601_02582788.jpg

 ↑こりゃー大変だ。ホテルから駅までで、ずぶ濡れだなあ

d0051601_02583366.jpg
d0051601_02584143.jpg
 うーん、危なかったなあ。会食は当初24日夜の計画だったから、本来今朝は防府に居り、台風に遭遇するところであった。新幹線は博多~広島は運行してなかったらしい
 まあ日頃から行いの良い人への、神のお計らいだったのだろう

 東京も雨降りになったりだが、何しろ低温で寒いくらい。どうなっとるん?

 夕食に、防府の会食から持ち帰った「祝いの鯛の塩焼き」
 味わえる。でも鯛は、硬い小骨が多いなあ


by nakatsukasadiary | 2015-08-25 23:59 | Comments(0)

2015年8月24日(月); 晴れ~曇り

 防府;
 最低気温(℃) 22.1 05:48、最高気温(℃) 29.3 11:15
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.1(東北東) 23:27
 府中;
 最低気温(℃) 21.4 24:00、最高気温(℃) 27.6 15:18
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.4(東南東) 17:40

 早起き、朝焼け
d0051601_02233766.jpg
 日の出、ご来光
d0051601_02234335.jpg
 快晴ご来光が、眩しい
d0051601_02234841.jpg
 早朝にホテルの無料自転車を借り、佐波川渡り右田高井まで散走
d0051601_02292174.jpg
d0051601_02325055.jpg
 4月に整理帰省した実家(借家)のその後を興味心で訪問
d0051601_02235487.jpg
d0051601_02240104.jpg
d0051601_02240693.jpg
 住宅団地一帯の草木を一掃してる。家周りもスッキリ、私の刈り上げ頭髪と同じ
 帰路途中のセブンイレブンで即席カップ麺(うどん)を買い、ホテルに戻る
 お部屋ポットでお湯沸し、昨夜お持ち帰りした天ぷら料理をカップ麺に添えればもう、贅沢な朝食になってる
d0051601_02333705.jpg
d0051601_02334262.jpg
 朝8時半には宿泊ビジネスホテルを出る 
 広島まで在来山陽本線で上る。お気に入りの海岸沿い走行区間あり
d0051601_11472954.jpg
d0051601_10502800.jpg
 海岸沿い走行区間では海面が車窓に迫り、まるで海上クルージング列車
d0051601_11474076.jpg
 広島で途中下車。駅南口から路面電車で原爆ドーム前まで、160円後払い
 原爆ドーム・平和記念公園などを見て回る。外国人観光客多い
d0051601_02534799.jpg

d0051601_02562351.jpg
d0051601_02595843.jpg
d0051601_03034189.jpg

d0051601_03032949.jpg
 資料館には圧倒される展示品在るようだが、今回はじっくり見ている時間が無い。次回にしよう
d0051601_11022165.jpg

 広島からローカル呉線に乗り、瀬戸内海の車窓からの景色を堪能しながら三原まで。そこから再び在来線で、福山まで。福山から新大阪まで新幹線こだま、新大阪から東京まで新幹線のぞみ
d0051601_02485867.jpg
d0051601_02490653.jpg
d0051601_10500981.jpg
d0051601_02491338.jpg
 吉祥寺で適当に食事し、深夜に自宅帰着
d0051601_02493415.jpg


by nakatsukasadiary | 2015-08-24 23:59 | Comments(0)

2015年8月23日(土); 晴れ

 三鷹;
 最低気温(℃) 22.5 20:01、最高気温(℃) 28.9 12:06
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.2(北東) 17:18
 防府;
 最低気温(℃) 21.1 05:41、最高気温(℃) 32.2 14:25
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.6(北北西) 16:55

 今年2度目の防府市帰省;
 午前10時過ぎに自宅出て
d0051601_17331125.jpg
 今回はJR東京駅から新幹線のぞみ号で
d0051601_17333115.jpg
 徳山で新幹線下車、在来線で午後5時前に防府に到着
d0051601_17340078.jpg
 お宿チェックインに向かう
d0051601_22350076.jpg
 4月の実家整理帰省で一週間利用した「ホテルサン防府」; ビジネスホテル
 ホテルには10台ほどの無料貸出し自転車があるのを、前回利用最終日前日に知った。チェックイン後早速借りて、米寿お祝い会食会場確認に向かう。記憶情報その地点近くで探すが、見つからない。密集地でもなさそうだし分かるだろうと子細に記憶してないアバウトさ(ああ、あの辺ね)が裏目に。もうこの地に来ているであろう参加者の甥に電話してみる
「タクシーの運転手さんから、元禄寿司の隣の喫茶店の裏手にお店は在ると、教えてもらった」
 で、まず「元禄寿司」を探し始めるが…分からない。で、近くの公民センターに入りイベント会場スタッフの年配の方に聞いてみる
「ああ、すぐそこですよ。通りの向こう」
 あはは、すぐ目の前にあるじゃん。記憶にある元禄寿司店舗と色調が少し異なっていて気付かなかった。で、会場のお店も見つかる
d0051601_14554504.jpg
 
 夜、母上米寿お祝いの会食を母上を囲み親族で
 日本料理のお店、宴席料理が(今の私の食事能力超え)次々で出てくる
 食事の進み具合、健常者との差は歴然で、米寿母上にも負けてる様…
d0051601_15275455.jpg
 結局、時間切れで「お持ち帰りパック詰め」をお願いする
 この食事遅れと歓談盛り上がりで、記念にとの集団写真撮てもらうのを忘れてしまう
 母上は聞き手になられてたが、にぎやかワイワイ歓談楽しんでもらえただろう

by nakatsukasadiary | 2015-08-23 23:59 | Comments(0)

2015年8月22日(土); 曇り~晴れ

 最低気温(℃) 24.0 03:04、最高気温(℃) 33.2 12:05
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.3(南南東) 14:06
 午後には快晴となり、きょうはしばらく振りに、暑い真夏日になる

 夕方、明日からの帰省チケット購入に三鷹駅へ向かう
d0051601_00021511.jpg
 きょう明日の夜は「三鷹阿波踊り」
d0051601_00022783.jpg
 駅前から人だかりになってる
d0051601_00101105.jpg
d0051601_00101868.jpg
 JRチケット購入後、中央通りを覗いて見る
d0051601_00023851.jpg
d0051601_00024370.jpg
d0051601_00025126.jpg
これから出番の踊り奴たち
d0051601_00025657.jpg
 空には上弦の月
d0051601_00030294.jpg


武田邦彦ブログから昨日アップの評論 ; 確かに、儲け主義の医療機関ではある事
だろう。と言うか、厚労省の健康指導感覚おかしい、個人差数値の配慮無い

「家族の健康」のために(3) 腎臓がちょっと悪いと透析になる
先回は「家庭で行う病気になる危険性のある行為」ということで「減塩食」(減塩食が危険という意味)を取り上げましたが、今回は「病院に行くと病気になる」という例を紹介します。

この一年、忙しい毎日が続き、少しずつ具合が悪くなってきた。最近、どうも尿の出が悪いので心配になり病院に行くと、「腎臓がかなり痛んでますね」と言われる。尿検査の結果も思わしくない。

現代の医療では、腎臓が痛んでいるときに、「仕事を休ませる」とか「腎臓の機能を回復させる」という治療はしない。それは患者側にも問題があり、「仕事を休んで少しゆっくりして様子を見ましょう」などと「正しい治療」をすると、「あの医者はヤブだ。仕事を休むぐらいなら医者に行かないよ」と言われてしまう。

そこで、対症療法しかしない。普通なら利尿剤(尿の出がわるいから)と血圧降下剤を処方する。とりあえず、腎臓が痛んでいるので、腎臓に行く血流を減らし(血圧を降下させ)、利尿剤で尿が出るようにするということだ。

ところが、本当の原因は厳しい仕事と疲れで腎臓からSOSが出ている状態だから、むしろ血圧をあげて血行を良くし、体をゆっくり休めて腎臓の回復を待つという本筋がある。それと反対の薬がでる。

腎臓は休養と血流を求めているのに正反対になり、1ヶ月ほど薬を飲むと、完全に腎臓が痛んでしまい、回復の可能性すらなくなる。そこで「人工透析しましょう」ということになり、さらに腎臓を動かさなくなる。

透析というのは本当に大変なことで、患者さんは仕事を休み、普段の生活もままならなくなり、お金もかかる。ちょっと休んで血行をよくすればすんだのに、正反対の方向になってしまう。

表紙のグラフは日本の透析患者さんの数だが、1970年頃から透析が始まり、最初のころは「透析待ち」の患者さんが多かったが、それが終わって現在では純粋に新しい患者さんがでるから透析が増えるという状態です。透析患者の平均年齢は65歳ぐらいで平均寿命が延びたから透析患者が激増しているというわけではありません。

「腎臓の医療が進んだのに、透析患者が増える」というのはどういうことでしょうか?

透析患者数が10万人を超えたのが1990年ぐらいですが、それから25年間、腎臓医療は進歩しなかったのでしょうか? それとも生活環境、食事などで腎臓患者が増える要因があったのでしょうか? 

腎臓の具合が悪く医師のところにいった、その医師が良いか悪いかで人生が大きく変わるような状態です。良い医師なら緊急の必要性がなければ、ゆっくり休養したりして腎臓の回復を待つとか、血の循環をよくして腎臓を通過する血流量を増やすとか自然の回復を待つことをアドバイスしてくれるでしょう。

悪い医師のところに行くと、尿の出が悪いとか尿検査の結果から利尿剤や血圧降下剤などを処方されます。そうすると、尿はでるのですが腎臓の機能が悪いのに尿を出そうとするので、腎臓はより悪くなります。また腎臓が血液を必要とすると造血を促して腎性高血圧などを引き起こすのに、さらに降圧剤を投与するとさらに悪化させることになります。

その結果、緩く回復させれば治ったものが、1ヶ月ぐらいの「治療」で悪化し、ついに人工透析をすることになり、いったん人工透析をするとさらに腎臓の自立機能が落ちるので、一生、透析をするというケースもあるようです。

腎臓は急性の場合もあるので、素人で判断するのは危険で、医師に相談する必要があり、それは必須ですが、その時に、「かなり無理をしたので、少し休養すれば回復しますか?」と聞くことが大切です。

また医療関係の方は、1)腎臓の治療は進歩していないのか? 2)もし進歩していたらなぜ透析患者が増えるのか? 3)まさかとは思うが透析をすると医療費がかかるのでメーカーとの癒着はないか? などについてもっと積極的に社会に情報を発信することが信頼性をあげる上でも大切と思います。

特に大きな病院の若い医師が通り一遍の治療だけして、その患者さんの生活や年齢、体の状態をよく観察し、透析に至らないように万全を期す態度を望みます。

(平成27年8月18日)


by nakatsukasadiary | 2015-08-22 23:59 | Comments(0)