2018年11月18日(日); 曇り時々晴れ

 最低気温(℃)10.8 05:41、最高気温(℃) 15.6 13:18
 最大瞬間風速(m/s)、(風向(16方位))15.6(東北東)17:54
 10℃超えの明け方冷え込み感じない

 朝起床6時過ぎ、血圧測定へ
 その後体温測定し、揃えてテーブルに置いとく
d0051601_07384051.jpg
 日曜日で看護師さんも少ない、必要なデータは用意してご協力のつもり
d0051601_09123504.jpg
 朝の足むくみ
d0051601_09125275.jpg
 ベッドの足側を上げて就寝した
d0051601_09142097.jpg
 朝のデイルームからのチラ朝日
d0051601_09121792.jpg
 朝食前に看護師監視・指導体勢で「血糖値測定」「インスリン打ち;3単位」実施

d0051601_07425369.jpg
 全て終え
” All right? ” と何故か英語で確認
「はい、問題ありません」の回答
 そう言えば、昨日昼間担当の男看護師が、実施後こう言ってたかからだろう
「GOOD JOB!」
 日本人だが、なんだか乗りの良過ぎる看護師で、どうしてか凄く「懐いて来る」のが不思議
 私は初対面の人でも懐かれる事はしょっちゅうではあるけれど
 お仕事で滞在中のロンドンの公園で、地方から来てるっぽい子供達から
「あそこにはどう行くの?」などと聞かれたこともある

 朝食
d0051601_20351147.jpg
d0051601_20355679.jpg
血糖値測定記録も開始
d0051601_20382084.jpg
 インスリン打ちで問題なのが「医師指示の単位」
d0051601_20384813.jpg
 インスリン打ち対応生活での注意事項パンフはこんなの渡される
d0051601_11123658.jpg
d0051601_11212200.jpg

 インスリン投与トラブル低血糖対応で、「いつも砂糖持ってろ」だと
 何のこっちゃ。飴とチョコはNGで病院から支給?される商品らしい


 1、2ヶ月は病院の「指示事項物」での1型血糖値処方生活になるようだ
 この薬袋見ると、退院は20日の午前中っぽいね
d0051601_19363964.jpg
 朝食後2時間の「血糖値測定」を10時半頃、日曜出勤看護師さん監視で私が実施
「問題ありません」と
 まあ、インスリン投与単位問題以外はもう、看護師皆さんのお墨付き
 マスターしたと言える

 昼食は時間通り
「血糖値測定」して「インスリ打ち;3単位」し食事開始
d0051601_18054365.jpg
d0051601_18044863.jpg
d0051601_18042009.jpg
 食後2時間の「血糖値測定」待ちの間にコンビニにでも行くかと
 遠近両用眼鏡を取出したら何と、右耳フレーム特殊ネジ崩壊で、レンズ部床に落下
 幸わい、レンズは割れてないが、特殊ネジ不明
 床には落ちてないので、眼鏡置いてた場所見るとそこに転がってる
d0051601_09492675.jpg

 おー。助かり
 だが特殊ネジをねじり込む工具が無い!
 駄目元で、日曜のナースセンターに行き
” どこかに工具無いかなー ”
” 眼鏡屋さん近くに無い? ”
” コンビニには売ってないよね、特殊工具 ”
 などと、ぼやき聞き
「無いですねえ」と
 で、食後2時間の「血糖値測定」後、急遽自宅に特殊工具を取りに行く事思い付く
 看護師さんに「外出依頼」お願い
「先生に聞いてみます」
 午後2時45分〜4時45分まで
 まあ、天気もよろし、自転車で往復。往きはノー眼鏡にする
d0051601_18013848.jpg

d0051601_18004806.jpg
d0051601_17592961.jpg
d0051601_17584217.jpg
d0051601_17551196.jpg
d0051601_17542801.jpg
d0051601_17534580.jpg
d0051601_17530818.jpg
d0051601_17522089.jpg
 当然、昨日のまんま。今週金曜日が「缶」の収集日かな
 それまでには退院してるだろう
 室内もそのままで、今回は余裕時間あり、久しぶりの居間椅子に座ってみる
d0051601_17512998.jpg
d0051601_17505344.jpg
d0051601_17501368.jpg
 落ち着くねえ、自宅での座り
 特殊工具をささと所持し、病院に戻る。居間でくつろぐ事も無い

 余裕持って、病院に帰着
d0051601_17493065.jpg
d0051601_17485482.jpg
d0051601_17481984.jpg
d0051601_17471367.jpg
d0051601_17463393.jpg
d0051601_17453951.jpg
d0051601_17460218.jpg

 病室で早速、遠近両用眼鏡の修理に取り掛かる
d0051601_17434917.jpg
d0051601_17443852.jpg
d0051601_17451027.jpg
 夕食の前に定番の看護師監視の「血糖値測定」「インスリン打ち」
d0051601_09554638.jpg
 夕刻になる
d0051601_17321358.jpg

 血糖値297で問題有り
「インスリン打ち」は昼食2時間後血糖値300で問題ありでか、6単位
 どうして急に高血糖値になってるのだろう。この不安定さ問題にされるだろう
 インスリ打ち終え、食事開始
d0051601_19370954.jpg
d0051601_19365384.jpg
 検査などは無いが、眼鏡トラッブルで緊急帰宅。やれやれの一日
 身体のあちこち、針傷だらけ

●右手; 救急救命センターで24時間水分点滴開始の点滴口痕
d0051601_07403897.jpg
●腹部; インスリン打ち場
d0051601_17432519.jpg
●左手;内科検査点滴口痕
d0051601_17420900.jpg

●指先は「血糖値測定」で漏出血させるが、大きな傷には成らない
d0051601_17425923.jpg
 曇天で冴えなかったが、秋の木花などあれこれ観られる
d0051601_18000107.jpg
d0051601_20371008.jpg
d0051601_17565107.jpg
d0051601_17575617.jpg
d0051601_17561696.jpg
d0051601_17554157.jpg

by nakatsukasadiary | 2018-11-18 20:57 | Comments(2)
Commented by 浦上毅 at 2018-11-18 21:15 x
糖尿病の日常生活は大変ですね。
私だったら既にベッドから起きる気力を失っているのではないかと思います。ある意味 貴兄のエネルギッシュ?さに感服しております。日々の生活の負担が感じられなくなる水準のQOLへの早期の復帰を祈念しております。
Commented by nakatsukasadiary at 2018-11-19 20:41
ええ、特に1型は「インスリン打ち」でコントロールしか無いですからね
で、食生活などで変動しますから毎日「血糖値測定」食前・食後などに行い、投与インスリンの単位を決めて行かないと行けないです
生活負担が激増で、もう憂鬱
QOLが更に低下ですな。抗がん剤の他の副作用も長く続くものですから
<< 2018年11月19日(月); 曇り 2018年11月17日(土); 晴れ >>