2018年12月25日(火); 晴れ

 最低気温(℃) 1.6 06:48、最高気温(℃) 9.2 14:42
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.6(北) 00:27
 気温1℃台で夜明け、朝から青空の北方風で気温低目の一日
 最高気温9.2℃ 14:42で10℃届かず
d0051601_11565913.jpg
d0051601_12085836.jpg
d0051601_12084052.jpg

 朝起床7時前、通院で「採血」早めにと増強朝シーケンス急ぐ
 余裕持って起床したのに、何故かギリギリ時間に成って来る
 その原因の一つが「朝食前血糖値138」対応
 正常人範囲値計測は珍しくも、「急激な変化・低血糖化」に不安走る
 低血糖時即時に摂取する「特別食材;購入済み」の持参用意する
 ヒューマログ・インスリン打ちは規定単位で打ち、朝食開始
 通常の牛乳主菜、主食は「たまごパン」「黒パン」「ミニカルパス」        
 9時過ぎには出発のはずが、9時半前に成ってしまう
d0051601_12010217.jpg
 途中の郵便局前のポストに「年賀状投函」しておく
d0051601_12024670.jpg
 晴れ天気で自転車快走で病院へ
d0051601_12061944.jpg
d0051601_12065388.jpg
 10時15分前には病院「採血室」に到着、空いていて10時には採血完了
d0051601_12032593.jpg
 11時からの耳鼻咽喉科受診のオプジーボ治療可否「血液検査結果」出そうだ 
 採血室後にし、5年使用中の口腔内乾き対応医療品をB1のLAWSONで購入
d0051601_15404071.jpg
 安くないが、ドラッグストアでは売ってない特別ば商品だし、これが無いと通常生活出来ないから特殊コンビニ店での購入は仕方ない

 最初の耳鼻咽喉科受付へ向かう
 途中で「医療機関管理インスリン打ち廃棄パーツ」保管myボトル3本を、
 院内廃棄糖尿病内科奥の廃棄BOXに投入して置く; 毎日4回だから相当量
d0051601_15433700.jpg

陽射しに興味
d0051601_16172485.jpg
 耳鼻咽喉科受付は予約30分ほど前、きょうは主治医居なく代行女医
d0051601_16201905.jpg
 かなり待たされ11時15分頃呼ばれる
d0051601_16194958.jpg
 血液検査結果で、オプジーボ治療に障害無しという事
 点滴口をCVポートに装着し終了、11時半少し前
 11時半には糖尿病内科予約、同じフロアで丁度の時間に受付へ着く
 こちらも糖尿病主治医居なく代行女医
 予約時間からこちらも15分程遅れで呼ばれる
d0051601_16160328.jpg
 いきなり、こんな質問
「朝食は食べられましたか?」
” ええ、もちろん何時もの様に済ませましたが ”
「血液検査で低血糖の疑い出てます( グルコースが下限切ってる)」
d0051601_12013756.jpg
” 朝食前血糖値が「138」で、いつもよりかなり低かったです… ”
「低血糖対策食材を食べて下さい」と、例の病院推奨品出て来る
d0051601_19263537.jpg
” あああ、私も準備所持してますが、食する考えは無くて ”
「これから直ぐに食して下さい、念の為に」
 看護師が封を切り、渡してくれる
 ペースト状食材でパックに入っている、絞り出す要領で何とか完食
「違和感」はそれほど無い
「しばらくの間、低血糖に注意を払って、対応して下さい」
「インスリンの投与単位は変更しません」
 で終了、丁度正午

 昼食は用意して来ており、1Fレストルームで昼の新設シーケンス始める
d0051601_16335824.jpg
 血糖値は「322」と激増している。それはあの対応食材の結果だろう
 食前インスリン打ちは規定単位で済ませる
 昼食開始して、食材不足に気付く
 カロリーメイト2本入り2袋のはずが、箱を開けるともうすでに1袋消えてる
 まあもう仕方ない、炭水化物量もエネルギーも6割程度の昼食に成る

 昼食後、直ぐに「外来治療センター」へ向かう
d0051601_16322368.jpg
 午後1時頃受付し、45番札受け待機する
d0051601_12391132.jpg
 ずいぶん待たされ待合いで午睡居眠り中
 午後2時も過ぎて、ようやく治療チェアに案内される
d0051601_14370961.jpg
d0051601_12393797.jpg
d0051601_20521574.jpg
d0051601_12394449.jpg
d0051601_12410947.jpg

d0051601_12395987.jpg
 前回から、点滴時間が30分に短縮されている
 午後3時前には終了し治療室から出て、会計計算窓口へ向かう
 自動精算機では予想通り、今月高額療養適用で本日「0円」
d0051601_12420856.jpg
d0051601_02383971.jpg

d0051601_02383971.jpg
 病院処理を終え、処方箋薬購入へ向かう
 購入し帰路へ
d0051601_16255334.jpg
d0051601_16261482.jpg
 自宅帰着は夕刻4時頃

 午後5時過ぎに夕食前新設シーケンス始める
 血糖値は「157」、また100台の正常者値に成ってる
 夕食前の5単位でヒューマログ・インスリン打ち済ませ、
 直後にミニカルパス1本食し急いで外食へ
「扇家食堂」へ向かう。日替り定食「牛の焼肉」(税込620円)注文
d0051601_16175700.jpg
 客は未だ少なく、配膳は並の早さ。インスリン打ち後15分程経過か
d0051601_16183634.jpg
 食後買出しいろいろ
d0051601_16264001.jpg
「スマイル」でカロリーメイト4本入り138円(税抜)3箱購入
d0051601_16190657.jpg
 吉祥寺サンロード入口「サンドラッグ」に10円負けてるが、購入する
 爆安「疲れ目」目薬も

 三平ストアでは「乾燥野菜」「サバス ミルクプロテイン」「ジャーキーカルパス」など。新顔の明治の「サバス ミルクプロテイン」お試し用に7本購入
d0051601_02373367.jpg

 ウェルシアでは「ティッシュ5箱パック」
d0051601_16273150.jpg
 帰宅したらもう午後7時過ぎてる 

 明日はマンション管理組合の総会が午後7時から「駅前コミセン小会議室」で
 大丈夫かなあ体調、意識薄れも続くし

 就寝前血糖値「318」
 本日は400台無しも乱高下、「138,332,157,318」の低血糖化に走らず安心
 低血糖化は、正常範囲に進んで安定して欲しいが、正解ポイントが解らない
 トレシーバ・インスリン規定4単位打って本日終了 

by nakatsukasadiary | 2018-12-25 23:59 | Comments(2)
Commented by 浦上 毅 at 2018-12-26 13:08 x
難しいね~。低インシュリンダイエットを勧められる私はまだ幸せ者なのですね。
Commented by nakatsukasadiary at 2018-12-27 21:44
2型糖尿病なの?
日本人の「糖尿病患者」は殆ど2型らしいですね
体内(すい臓)にインスリン生成能力細胞在るのだから幸せですな
1型は外部から供給しないと高血糖化進み、死に至る
対処薬インスリンの体内注入が色々手法もあるようで、自分に好適効果の方法を「試用」してみないといけないようです
現使用のは入院中に医師の「試用選択」で行けそうな物のようですが、実用評価を今本人が実施中です
1日3回は食事直前に注入タイプのヒューマログ、面倒です
<< 2018年12月26日(水);... 2018年12月24日(月); 晴れ >>