2019年 06月 17日 ( 1 )

2019年6月17日(月); 晴れ~曇り

 最低気温(℃) 16.7 01:06、最高気温(℃) 27.8 14:17
 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 10.4(北北東) 11:09

 夜明け曇天、梅雨っぽさ見える
 早朝5時頃から快晴、6~8時晴天落ち後快晴天気続く。そこに強い北方風続く
 朝6時には20.9℃、10時に25.9℃で午前中盛りに「夏日成り」
 午前1時6分にもう最低気温16.7℃、午後2時時17分に最高気温27.8℃ 
 1日気温差11.1℃は平均的気温変動、穏やかな温暖気温に恵まれる
 きょうも、カラ梅雨過ぎ天気一日
d0051601_07491314.jpg

d0051601_06012491.jpg

d0051601_06021620.jpg
d0051601_06023801.jpg
 朝起床無し、毎度の時間帯「大深夜行動」
 低血糖警戒しながらその後、「延伸ソファ寝」で朝まで過ごす事に
 朝の血糖値「217」で、低血糖症に至らず一安心
 朝食主食「北海道チーズ蒸しケーキ」菓子パン確認、主菜「牛乳360ml」
 処方薬間違いなく服用し、シーケンス完了
 心冴え、午前就寝にしようと寝床へ
 
 正午前に起床、過ぎに、昼のシーケンス開始する 
 血糖値「301」値に朝の心冴えが爆裂消滅
 昼が朝から「増加」は毎日だが、程度大きく超えてる
 昨大深夜の「低血糖危機」で、朝までに炭化食品摂った事の影響継続か
 朝の強豪「北海道チーズ蒸しケーキ」か
 昼食は「エンシュア-H1」「豆乳のウエハース2」定番弱めにしておく
 食後手洗い、ハンドクリーム塗り、作業手袋し生活作業する
 手袋は薄いが邪魔でミス起こす、引っ掛けもする。単純作業用の物
 午後は「ソファ寝」入る。疲労より抗がん剤「副作用;眠い」押入り強っぽい

 夕食自炊予定、午後5時半過ぎに夕方シーケンス開始
 ここで血糖値「297」、「昼から300帯連続」に危機感
 昨日と全く逆の状況に戸惑うが、
 夕食企画はそのままで、賞味期限惣菜は外せない
「ゆで玉うどん」主食メイン「うどん」と惣菜「鶏レバー赤ワイン煮」
 うーん、微妙に味相性合わなくて残念
 夕方シーケンス完了後、洗った手指先を見てみる
d0051601_06032344.jpg
 
 その後休憩は「ソファ寝」に即入る
 やはり「週3日通院」+「OK買出し」用件外出は疲れ溜めたかな

 大深夜、ソファ寝目覚め起立。睡眠に行かない就寝前シーケンス開始
「ゆで玉うどん」は穏やかのようで、血糖値減「203」好適
 惜しくも日平均は「255」でランク降格
 朝食・昼食の問題は薄いだろう、運動タイミングは有るだろう
 まあ、「体調不安定(天気変動量起因)」ってとこだろう
 体調は、終日身体動きのふらつき強く、悪い
 意識も視界も薄く、生活行動にストレスと危険が付き纏う毎日
 部屋での危険倒れ座り込みは定番、立上りに必ず強くよろめくから
 まあ、部屋が狭く本(マジ)倒れしなく助かってるなあ
 ソファ寝への行動も「安全管理」とも思える 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 漂流で海底座礁エリア侵入進行からの航路変更の「祈り・願い」
 本日は「朝と就寝前優合格:217、203」、効(聞)いて貰えてるかな
 昼・夕の「301、297」の300帯連続は、厳しい異変悪感
 
 手指先中心に処方のクリーム、使用法通り1日2回5日間塗布してる
 軟化・浸潤への効果思わしくないが、継続効果来るん期待して続けるか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
●本日の血糖値流れ; 令和光(港)回航激変巡行へ、大漂流跳出し勢い回復切れる        「日内個値差最大151は不可異常範囲」「全体値(日平均)優良は悪バランス」
 朝食前「217」青空合わせ、「令和光オン」250>値/合格
 昼食前「301」朝を84増、「令和光消滅」250<値/激不合格
 夕食前「297」昼を4減、「令和光オフ」250<値/激不合格
 就寝前「203」夕を94減、「令和光キラキラオン」250>値/優合格
d0051601_15205285.jpg

●日平均値;前日激+120「255」2ランク降格400下、巡行リカバリー「断」
      日平均「255」、250下僅差も日内個差「151」状況異常で妥当
「400以上値」: 4/18エンド(4/17,18)2日継続。以降消滅中
         令和回航へ舵切りと期待継続
「400下」: 6/17開始
       6/9エンド6/7~6/9(3日継続)
       6/3エンド5/30~6/3(5日継続),5/22エンド5/16~22(7日継続)
       5/12エンド5/10~12(3日継続),5/5エンド5/2~5(4日継続)
       4/28エンド4/25~28(4日継続),4/21エンド4/19~21(3日継続)
       4/16単日
「250下」: 6/14単日;「200下」含む、6/10~16(7日継続)
       6/6単日
       5/26エンド5/23~26(4日継続),5/15単日
       5/8エンド5/6~8(3日継続),5/1エンド4/29~5/1(3日継続)
       4/24単日,4/22単日,4/15単日
「200下」: 6/16エンド6/15,16(2日継続)、6/13エンド6/10~13(4日継続)
       6/5エンド6/4,5(2日継続),5/30エンド5/26~28(3日継続)
       5/14エンド5/13,14(2日継続),5/9単日,4/5エンド4/1~5(5日継続)

「250下」を8日以上継続させたい、流れ落ち大漂流から瞬発復興開始したが、
「再帰しよう早期に」の実現も、継続祈り「断流」されるも1日で戻した 
 3日「250下」・3日「400下」、「200下」再開「逆断流」継続かが疑問
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「250下」7日で期待を微差切断されるが、300帯2回では惜しめない
 前日の100下個値2つに不安定不安(何か問題起因)は在った
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「3/30~4/6の日平均8日連続250下」、「血糖値好適安定制御主体」何だった
「理想的に見得る3/30~4/6」流れの「血糖値制御主体」が少し見得て来る
「令和光(港)回航巡行(250下への流れで、日高低差75範囲内)」と大差
「令和流れ回帰」、漂流終え「神運再降臨発進」気配膨らんだり縮んだり
「大漂流消滅、回帰巡行戻りに。安定高血糖値は飛散、悲惨から脱出」だったが、
「脱出は失敗した。大漂流展開に吸い込まれ続けてる」
 今は、大漂流から「跳び出し」流れ継続、長期化で回航巡行安定化が良い

杏林大学医学部付属病院通闘病「疾患・疾病」の状況集約
・右手首の打ち身傷痕結末(だろう)
杏林大学医学部付属病院通院闘病「疾患・疾病」の[処方教訓]と[常態症状]
・記事内容分設の移新設コーナー

by nakatsukasadiary | 2019-06-17 23:59 | Comments(0)